2002年05月29日
トーノZEROアニメ感想ラーゼフォンtotal 2249 count

本当の意味での名作アニメになると言うこと

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 今回のAパートは、日曜午後7時半に名作アニメとして放送しても通る、というよりも、これだけの作品が作れれば、未だに日曜午後7時半は名作アニメの指定席だったでしょう。

 更に、Bパートも含めて見れば、本質的に、単に原作が有名であるというだけの意味しか持たない「名作アニメ」ではなく、名作と呼ぶに値するアニメだと思います。

 これでも、ラーゼフォンは高く評価しているつもりでしたが、まさかこれだけのものを見られるとは思ってもいませんでした。おそらく、ラーゼフォンという作品自身が、まだ成長過程にあって、「ラーゼフォンの水準」そのものが常に塗り替えられつつあるのだと思います。

 実に嬉しい、心地よい戦慄を感じさせていただきました。


 以下余談。

 模型雑誌のモデルグラフィクス誌に、佐藤道明氏のラーゼフォン関連連載があることに気付いているでしょうか?

 今月号は、主に戦車とそれに関連する兵器についての設定とうんちくが書かれています。90式戦車改の後継戦車になる24式戦車や、その車台を用いた27式自走砲など、これだけ見ても濃厚な世界が展開されています。それも、ただ単に膨大な設定を作りましたという感じではなく、非常に濃いのです。たぶん、普通のマニアックな(自称)SFアニメとは比較にならないぐらい濃い世界だと思います。この世界において、戦車の1台すらも、おそらく佐藤道明さんの中では、主役ロボットと同等か、あるいはそれ以上の存在感を持っているのでしょう。そして、そういう濃厚なスープの中から浮かび上がってくるのが、実際に放送されるラーゼフォンのフィルムと言えるのでしょう。

 と~のは、ラーゼフォンを応援しています。


ご注意: このコンテンツは、「バーチャルネットライター と~のZERO歳」と呼ばれるサイトに書き込まれた内容を変換して、本サイトに転送したものです。このコンテンツの内容は、「と~のZERO歳」という仮想人格が書いたものという設定であり、謎のアニメ感想家トーノ・ゼロと限りなく近いものの、必ずしも同一人格ではないことをお断りしておきます。

Facebook

キーワード【 トーノZEROアニメ感想ラーゼフォン
【ラーゼフォン】の次のコンテンツ
2002年
06月
05日
「曇り無きまなこで見定め、自分で決める」とはアシタカの台詞
3days 0 count
total 2561 count
【ラーゼフォン】の前のコンテンツ
2002年
05月
22日
普通のアニメなら3本分の奥行きがあると言えるか?
3days 0 count
total 1412 count

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20020529023855
サイトの表紙【ラーゼフォン】の表紙【ラーゼフォン】のコンテンツ全リスト 【ラーゼフォン】の入手全リスト 【ラーゼフォン】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.