2002年08月21日
トーノZEROアニメ感想ラーゼフォン total 2225 count

守りたい人を守るために、人であることを止めることを視聴者が感情移入しているはずの主人公に要求する!?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 最終回に向けて、次々と謎が明かされ、煮え切らない気持ちが整理されていく感じでしょうか。

 今回は、軍艦から降りるシーンが凄く良い感じでした。まず、軍艦そのものの描写がロングもアップもよく描かれていたと思います。階段を下りて小型艇に乗り移るところとか、よく描かれていたと思います。だから、そこで展開される物語にも素直に感情移入できて、泣けます。

 そして、戦闘シーン。地球人の兵器が負けていくシーンも、きちんと描き込まれているので、マゾ的な「敗北の爽快感」があったと思います。

 どちらも、普通のアニメだと、軽く流されてしまいかねない部分ですが、そこもきちんと力を入れて描き込まれている点が、非常に良いと思います。やはり、今時のアニメの中ではラーゼフォンは別格かもしれません。

 と~のは、人が大勢見ている前で大声で失恋を告白した大胆な恵ちゃんを応援しています。


ご注意: このコンテンツは、「バーチャルネットライター と~のZERO歳」と呼ばれるサイトに書き込まれた内容を変換して、本サイトに転送したものです。このコンテンツの内容は、「と~のZERO歳」という仮想人格が書いたものという設定であり、謎のアニメ感想家トーノ・ゼロと限りなく近いものの、必ずしも同一人格ではないことをお断りしておきます。