2003年03月30日
トーノZEROアニメ感想電光超特急ヒカリアン total 1705 count

いつまでも続くような錯覚をふと感じていたのに、この大傑作にも別れの時がやってくるとは!

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 今日のヒカリアン。

 ブラフマーという巨大ロボットを送り出すシルバー。その名前を、どういうわけか「具だくさん」と聞き間違えるブラックが素敵です。

 でも、それはラッキーなウッカリーと接続されていたわけですね。

 そして、意図せずして赤ちゃんを助けて民衆の支持を得るブラフマーという、実にラッキーな展開が笑えます。

 飛んでくる小惑星に、ちゃんとロケットノズルが付いてるのが、さりげないこだわりですね。こういう細かいところに注意が行っている点が、ヒカリアンが単なるそういうアニメに墜ちていない1つの証拠だと思います。

 そして、宇宙を飛ぶJHR基地に、最後に出てくるミナヨちゃんの巨大ロボット!

 と~のは、この素晴らしき面白さもセンスもトップクラスのアニメを応援しています。本当に面白かったですよ、このアニメは。


ご注意: このコンテンツは、「バーチャルネットライター と~のZERO歳」と呼ばれるサイトに書き込まれた内容を変換して、本サイトに転送したものです。このコンテンツの内容は、「と~のZERO歳」という仮想人格が書いたものという設定であり、謎のアニメ感想家トーノ・ゼロと限りなく近いものの、必ずしも同一人格ではないことをお断りしておきます。