2003年12月27日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編 total 1515 count

ガンダムエース 2月号 角川書店

Written By: 川俣 晶連絡先

 綴じ込みイラストの、カツ・レツ・キッカが遊んでいて、フラウがホワイトベースを見ている絵がとても良いですね。雰囲気も良いし。人、ガンダム、ホワイトベース、ミデア、その他の装備のスケール感も見事に描いていますね。ガンダムは、こういうスケール感を上手く描いた例が少ないと思います。

 ガンダムウォーのサクのカード。カードに書かれた内容が大笑い。(ガンダムウォーは、一応、他人のデッキで2回ほどプレイしたことがあります)。そうか50枚もデッキに入れられて、いつでも好きなだけ出せるわけですね。

 オリジンは、かつてのファーストガンダムのストーリーからかけ離れた違う世界に行っていますね。なかなか、ドキドキです。

 トニたけは、今回特に面白いですね。特に扉絵の言葉が凄くセンス良くて面白いです。マグネットコーティングをうさん臭いと言いつつ、マイナスイオンよりマシとするセンスが素晴らしい。そして、関節の仕組みを無視して動くガンダムというイメージ。慌てて、昔のアニメだし、とフォローを入れるミライが良いですね。

 しかし、相変わらず読んでいないページの方が多い (汗)