2004年03月11日
トーノZEROアニメ感想冒険遊記プラスターワールド total 2839 count

アイキャッチで、自ら主役だと微妙に断言できないトウマ少年!?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 謎のアニメ感想家(笑)、翼の騎士トーノZEROのアニメ感想行ってみよう!

 今日のプラスターワールドの感想。

サブタイトル §

第50話「トウマ÷ビートマ=?」

あらすじ §

 ダーク化されたビートマと戦うことになる一同。しかし、歯が立ちません。一人一人、プラストオンが解除され、ダーク化されていきます。

 そこで、これまで影が薄かった主人公、トウマが本気を出します。ダークビートマの中に自ら入り込もうというのです。それは、既にマイティVでは失敗した方法です。しかも、プラストギアの中にあるプラストーンを使うために、プラストギアを壊すとまで言います。これを壊すと、人間界に戻れないというのに、あえてそれをやろうというトウマの覚悟と純粋さ。これは本当に素晴らしく泣けますね。

 そして、ビートマに中に入ると、試練の数々が。それを、トウマはたった一人で切り抜けていきます。

 そして、最後に出てきた悪に染まったビートマの語る、トウマの心をダーク化するような言葉の数々。しかし、それを打ち破るトウマ。

 ついにビートマはダーク化から解放されます。

感想 §

 あまり目立たない主人公のトウマ、今回は素晴らしく最高に目立っていましたね。しかも、なんと泣かせる話でしょう。

 そして、その泣かせる話とがっぷり四つの組み合う形で配置された、偽ビートマの語るダーク化の誘惑の言葉の数々。この2つがあればこそ、これは傑作と言えると思います。

今回の一言 §

 それにしても、アイキャッチは本当に毎回凝っていますね。ちょっと言いにくい微妙なニュアンスも、アイキャッチでさらっと言ってのけますね。