2004年04月04日
トーノZEROアニメ感想マシュマロ通信total 1955 count

シリアルの景品の人形が突然動き出し、学校新聞の号外が突然発行されるファッショナブルでシュールなドラマ!?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 謎のアニメ感想家(笑)、翼の騎士トーノZEROのアニメ感想行ってみよう!

 今日のマシュマロ通信の感想。

サブタイトル §

第1話 クラウドがやってきた!

あらすじ §

 朝食のシリアルを買って応募すると当たるというクラウド人形が欲しいサンディは、家族にシリアルを食べることを強制していました。

 サンディは学校新聞の編集もやっていましたが、仲間が持ち込むネタは自分の趣味についてばかりであることに怒っていました。

 サンディが帰宅すると、当選したクラウド人形が届いていました。驚いたことに、クラウド人形は生きていて、人間の言葉も喋りました。

 サンディはさっそくそれを学校新聞の号外にしますが、誰も信じてくれません。仲間も人形が当たったことに喜んでいるだけだとしか思わず、「趣味を押しつけるなと言ったのに、自分の趣味で号外を出した」とサンディをなじりました。

 サンディはクラウド人形が生きていたことを記者会見で発表しようとしましたが、家族はクラウドを家族に迎える歓迎パーティーだと思って準備していました。

 しかし、誰もこの話を本気にせず、記者も来なければ、パーティーとして招いた近所の人たちも来ません。

 しおれるサンディ一家とクラウド。

 しかし、「客など来なくても、私たちが祝ってやればいいのよ」とサンディは言ってご馳走を食べ始めました。それもそうだと家族だけのパーティーが始まりました。

 これでクラウドはサンディの一家の一員になりました。

 翌日、サンディがクラウドを学校に連れて行くと、仲間達はサンディの話が本当だったことを知りました。ところが、サンディほど驚かず、「面白かった」と言っておしまいでした。

感想 §

 嬉しいですね。4月の新番組で、ぜひとも感想を書きたいと思った初めてのアニメです。そんなアニメはもう無いのかと思いましたよ。まあ、無い方が楽で助かるという逆説はありますが。1つも無いのは寂しいですから。

 キャラデザも独特の目の形で面白いし。ファッションセンスも良いし。

 生きた人形が箱に入って送られてきても、それで何となく収まってしまう独特の世界観も良いし。

 それ以上に、サンディの性格が良いですね。芯が強くて、自分が先頭になって閉塞した状況を切り開いていく行動力があって。こういうタイプのキャラクターは、本来あるべきヒーローの一形態だろうと思いますが、それがこういう可愛いキャラのアニメで出てきたところが、「あ、分かってるな」という感じがして好感ですね。

 それからシリアルの景品の人形が突然動き出すといシュールな状況を正面から受け止められるキャラという意味でも、サンディの強さは必然的に必要だったと言うことも言えるかもしれませんね。

今回の一言 §

 娘より弱い母。もっと弱い父。この父がさりげなく良い味を出していますね。こんな娘の父になってみたいものです。

Facebook

キーワード【 トーノZEROアニメ感想マシュマロ通信
【マシュマロ通信】の次のコンテンツ
2004年
04月
11日
びっくり、ギャグの神様をも恐れぬ合体動物ウサギイヌだ、ワン(とは吠えない)!
3days 0 count
total 3247 count
【マシュマロ通信】の前のコンテンツ
(ありません)

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20040404220846
サイトの表紙【マシュマロ通信】の表紙【マシュマロ通信】のコンテンツ全リスト 【マシュマロ通信】の入手全リスト 【マシュマロ通信】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.