2004年06月12日
トーノZEROアニメ感想ケロロ軍曹 total 2982 count

温泉の中、ワンピースの水着姿でタレント詐称犯罪者を叩きのめす最強のお色気!?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 謎のアニメ感想家(笑)、翼の騎士トーノZEROのアニメ感想行ってみよう!

 今日のケロロ軍曹の感想。

サブタイトル §

第11話「ケロロ小隊 テレビに出演せよ! であります」

あらすじ §

 宇宙で人気のある旅番組がケロロ達のところに来ることになります。

 喜ぶケロロ達。

 しかし、実際に来たのは最低最悪のタレント達でした。

 それでも、彼らの無茶な要求に対応するために頑張るみんな。

 最後には、温泉の中で、夏美達に迫ります。

 そこで、女性陣は反撃してタレントを叩きのめします。

 そこに彼らを追ってきた警官が来て逮捕します。彼らは偽物のタレントだったのです。

感想 §

 本当は感想を書くつもりはありませんでしたが、これは書かねばなりません。

 素晴らしい人情番組の夢をぶち壊すやらせの数々。現実はこんなものだよ、という結論になるのかと思いきや。実は、彼らは偽タレントで、あとから来た本物はギロロが実力で追い払ってしまうというオチ。実に面白いですね。

 ナレーターの仕事を奪ってしまう演出もナイス。

今回の一言 §

 でも本当に最高なのは、温泉の夏美とママがタオルを取ると、下はワンピースの水着だということ。ビキニではなく、ワンピースですよ。これはポイント高いです。ビキニなど、露出度が高いという以外に面白みのないつまらない水着です。

 そして、水着姿で容赦なく偽タレントを叩きのめす爽快感。これまた実に素晴らしい! どんなに憎たらしい相手でも、実力行使に踏み切れない情けない男どもを追い越して、スパッとストレートに思いを叩き付けられる女性達。これこそが、かつてアニメの中に見ることができた1つの魅力的女性像であり、かつ、最近今ひとつ見かけることがなく飢えていたものと言えるかもしれません。少々時代錯誤かもしれませんが、こういう女性達がいても良いのでは?