2004年07月29日
トーノZEROアニメ感想サムライチャンプルー total 2917 count

強くなりすぎたはみ出しサムライと、共鳴するムゲン!?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 謎のアニメ感想家(笑)、翼の騎士トーノZEROのアニメ感想行ってみよう!

 今日のサムライチャンプルーの感想。

サブタイトル §

#10 以毒制毒

あらすじ §

 腹ぺこのムゲン達一行は、ある寺に泊めて貰う代わりに働かされることになります。

 そこに辻斬りが出て、その賞金目当てにムゲンとフウは街に出て行きます。

 ムゲンは辻斬りと戦いますが、捕り方が来て、次の満月の再会を約します。

 辻斬りは、寺の和尚のかつての弟子だったことが明らかになります。彼は船が難破して大陸に打ち上げられ、気の力を習得して戻ってきていたのでした。しかし、力に溺れた彼は破門され、自分の強さを認めさせるために強い奴を倒し続けていたのでした。

 ムゲンは次の満月まで自分を鍛えます。

 そして約束通り二人は戦い、ムゲンが勝利します。

感想 §

 フジテレビのサイトを見ると、今回は以下のような内容だと言っています。

《第10回》 2004年7月29日放送

#10 今月・今夜・この晩を、私は一生忘れない

二人引き裂く皮肉な運命、胸に芽生える淡い気持ち。

ジンが出会った一人の女性、雨音激しい宿場町。

 しかし、実際に放送された内容は全く違いますね。サブタイトルが変更されたというようなレベルではなく、あらすじが違いすぎます。

 ちなみにこれを書いている時点で、公式サイトには第9話までしかあらすじが載っていませんでした。

 それはさておき、金もろくに持っていないのに飲み屋に入るムゲンとそれに続くシーンの気持ちよさ。ムゲンはそのまま隣の男に酒をおごられますが、彼こそが辻斬り。別れ際に刀を抜いてそれを告げる意外性。

 最後の二人の戦いも、橋の上でヒラリヒラリと牛若丸のように舞ったりせず、水面に落ちて水の上で戦い続けるのが壮絶感があって良いですね。更には、やられたかのように見えたムゲンの最後の一撃。

今回の一言 §

 サブタイトルは毒を以て毒を制す。つまり、辻斬りを制したムゲンも毒だということなのでしょうか。頑張れ毒!