2004年08月15日
トーノZEROアニメ感想マシュマロ通信total 2065 count

箱からクラウド人形を取り出す自分をクラウドの視線で恐怖体験するサンディ!?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 謎のアニメ感想家(笑)、翼の騎士トーノZEROのアニメ感想行ってみよう!

 今日のマシュマロ通信の感想。

サブタイトル §

第20話「真夏のドリームツアー」

あらすじ §

 サンディはシナモンから、他人の夢に入るおなじないを教わります。

 サンディは寝る前にクラウドにそれを使います。

 クラウドの夢は、現実とおとぎ話が混乱した内容でした。サンディは何回も目覚めますが、それは別のクラウドの夢でした。

 最後の夢で、クラウドは自分を箱詰めする工場の中にいました。

 そこで、クラウドは「サンディは本当は人形が欲しかったんでしょう?」と言います。サンディは、生きているクラウドではなく、人形が欲しくて応募したと言うことをクラウドは知っていました。

 まだ届けられていないクラウドは、僕のことを好きになってもらうために一生懸命頑張ろうと思っています。

 そして、サンディはクラウドになって箱の中に入ります。

 箱は郵便のおじさんによってサンディの家に届けられます。

 そして、サンディは、箱の中のクラウドの視線で、箱を開く自分の姿を見ます。それは、大きく恐ろしいものでした。

 目覚めたサンディは、なんという夢を見せたのだとクラウドを殴ります。

感想 §

 これは面白い!

 相変わらず、全く予測不可能な凄い話をやってくれますね。

 最初のうちは、シュールな夢の話かと思いました。次は、何回目覚めてもまた夢の中という虚構と現実の混乱の話かと思いました。しかし、そうではありませんでしたね。クラウドの夢を転々としていくうちに、最後にたどり着いたのはクラウドの過去の記憶の世界。そこでは、箱詰めされ、見ず知らずの持ち主のところに運ばれるクラウドの気持ちを、サンディは体験することになります。最後には、箱を開いてクラウドを見る自分の姿を、クラウドの視点から見ることになります。それは、クラウドの主観で見たサンディの姿であり、サンディから見れば全く思いもしない醜い自分と言えるかもしれません。クラウドは、そんな心細くも怖い経験を経て、サンディ達の家族になった訳ですね。それを知ることができたサンディは、相変わらずクラウドを殴ったりしますが、そこにはある種の理解と愛がこもっていますね。

今回の一言 §

 クラウドの夢の中に出てくる女装ライムの美しさ。そして、王子様はジャスミンという倒錯的な取り合わせ。

 魔女シナモンも可愛いですね。 グローブとバジルが白衣で登場というのも意外性があります。

Facebook

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20040815223732
サイトの表紙【マシュマロ通信】の表紙【マシュマロ通信】のコンテンツ全リスト 【マシュマロ通信】の入手全リスト 【マシュマロ通信】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.