2005年04月01日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編 total 1615 count

賭博破戒録 カイジ 1 福本伸行 講談社

Written By: 川俣 晶連絡先

 こ、これは……。

 あまりに面白すぎて、読み始めて気付いた時には既に半分読んでしまいましたよ。

 他にやることがあるのに。

 何しろ、主人公があまりのダメ人間。

 既に、前シリーズでギャンブルで借金地獄に陥っているにも関わらず、それを返すために更にギャンブルをやりたいと思う段階でダメ。更に、借金相手の金貸しにギャンブルをやりたいと自ら出向く時点でもっとダメダメ。

 案の定、債務者として強制労働の地下の現場に投げ込まれます。

 更に、逃亡のため、1日外出できる権利を買わねばならないというのに、なけなしのお金を口車に乗ってビールとつまみに消費してしまうダメっぷり。しかも、それを連日続ける駄目っぷり。分かっているのに止められないダメっぷり。

 そして、最後には借金とギャンブルに入り込んでいくダメのダメ押し。

 たった1冊で、こんなにもダメな世界に入り込むとは。

 しかも!

 しかもですよ!

 その極限状況のドラマが面白すぎる!!

 こんな面白い作品が平然と転がっているとは、日本の漫画界、おそるべし。