2005年06月26日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編 total 1910 count

モデルグラフィクス 4月号 大日本絵画

Written By: 川俣 晶連絡先

 おーい。

 既に8月号が書店に並んでいるのに、4月号かよ!

 すみません。その通りです。

ビスマルク3社競作は §

 長く放置してしまった理由を要約すれば、ビスマルク3社競作の内容の相違をビシッとコメントするに際して、私自身の審美眼が問われてしまう……と勝手に思い込んで、反射的に敬遠してしまったと言うことに過ぎませんね。

 しかし、私のコメントなどに誰も期待していないのは明らかなので、ともかく見ることにしました。

 その結果……。

 私が作るなら「オアシマじゃよ、アイシマじゃよ、カッカッカ」という結論になりました。いや確かにドラゴンもピットロードも良いのですが、実際に手を動かして組み立てる楽しさの差が実感として想像できる以上、おそらく最も楽しいであろうアオシマを選ぶのは当然ということになりますね。

 でも、そこまで考えてはたと気づきました。

 そもそも、ビスマルクを作りたいという意欲はない……。金もないしね。

 ちなみに意欲がないということは、とりたてて好きということもなく、資料も全くありません。アメリカやフランスの戦艦なら多少の資料はあるのですが、ドイツはさっぱりさっぱり~ですね。

世界の駄っ作機に知ってる機種が…… §

 もう1つ面白いことに気づいたのは、世界の駄っ作機で紹介されているのが無人ヘリのダッシュだったということ。

 子供の頃、父親が作っていたタミヤの1/200護衛艦の上に乗っていた無人ヘリです。

 しかし、それが具体的にどのような機種であるかは全く知りませんでした。

 いつの間にか忘れていましたが、ここでこうして再会することができるとは。

 そして、明かされる驚愕の真実。

 てっきり凄い装備だと思っていたら、駄作機だったとは!

 いや~、こんなことまで教えてくれるモデグラって本当に良いものですね。

 サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ。