2005年11月24日
トーノZEROアニメ感想ポケットモンスターtotal 1964 count

朝シャン? いえいえ、キミは素敵なタクティシャンです。

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 謎のアニメ感想家(笑)、翼の騎士トーノZEROのアニメ感想行ってみよう!

 今日のポケモンAGの感想。

サブタイトル §

「バトルドーム!炎と水のフュージョン!!」

あらすじ §

 サトシは、バトルドームのフロンティアブレーン、ヒースに挑戦します。

 ヒースは多数の女性ファンを持つエンターテナーで、対戦者のサトシもマスコミから注目されます。

 しかし、ヒースはそれと同時にタクティクスシンボルを持つ戦術に優れた男でした。

 サトシは苦戦しますが逆転、勝利します。

 そして、タクティクスシンボルをゲットします。

感想 §

 今回も、いろいろ面白い内容ですね。

 まず興味深いのは、サトシがいかに社会から認知されているかが示されることです。

 いつも徒歩で旅をしていて、見知らぬ人たちと出会っているため、サトシには無名の人のような印象を感じます。

 しかし、実際にはそうではないわけですね。いくつもの公式大会で上位入賞しているサトシは、ポケモン界ではネームバリューのある存在です。そのことは、わざわざエニシダがスカウトに来たぐらいですから、間違いないでしょう。そして、ポケモン界でネームバリューがあるということは、ポケモン界がサトシという人物に箔を付けます。

 つまり、今回のサトシがマスコミから質問攻めに合うのは、確かにヒースの対戦相手だからという理由もありますが、それだけの人物でなければそもそもヒースの対戦相手にもなれなかったということです。つまり社会的に認知された存在だと言うことです。

 そういうことを、ステージでのサトシの紹介シーンで感じました。

 一方、バトルの中では、ヒースの態度が必殺技の前と後で微妙に変わるところが興味深いですね。エンターテナーでタクティシャンのヒースは、余裕のある態度をけして変えはしません。それは計算し、作られた演技でしょう。しかし、最強の必殺技を食らってもまだ立ち上がるサトシのヘイガニとオオスバメを見て、ヒースは劣勢に立たされたことを自覚したはずなのです。それなのに、見事に演技でそれを隠しているというニュアンスが、きちんと描き出されていると感じられたのが良いところです。

今回の名台詞 §

サトシ「ヒース様って誰?」

 いいぞサトシ!

 それが言える君は最高だ!

ヒース「キミは素敵なタクティシャンだ」

 タクティシャンという言葉は初めて聞きますが、おそらくはヒースのような人間を表現する言葉なのでしょう。面白いです。

余談 §

 そういえば、OP前に長い本編が入る変則フォーマとは終わった?

 変則フォーマットを使ってみるあたり、ポケモンはチャレンジャーだねぇ。

Facebook

キーワード【 トーノZEROアニメ感想ポケットモンスター
【ポケットモンスター】の次のコンテンツ
2005年
12月
01日
電気をため込みすぎて暴れるエレキッドの気持ちが分かるピカチュウ!?
3days 0 count
total 2283 count
【ポケットモンスター】の前のコンテンツ
2005年
11月
17日
嫌な思い出が素晴らしい思い出に変わるその一瞬!?
3days 0 count
total 1939 count

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20051124230537
サイトの表紙【ポケットモンスター】の表紙【ポケットモンスター】のコンテンツ全リスト 【ポケットモンスター】の入手全リスト 【ポケットモンスター】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.