2005年12月08日
トーノZEROアニメ感想ポケットモンスター total 3353 count

くるくる回転するポーズに思わず吹き出すポケモンレンジャー!?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 謎のアニメ感想家(笑)、翼の騎士トーノZEROのアニメ感想行ってみよう!

 今日のポケモンAGの感想。

サブタイトル §

「ポケモンレンジャー登場!セレビィ救出作戦!!」

あらすじ §

 森の火事を消し止めたセレビィは、力尽き、別の時代に移動して、そこでイバラに包まれて身体を休めます。

 ピカチュウはセレビィを察知して一人で飛び出します。

 サトシ達は、ポケモンレンジャーのヒナタに出会います。

 ヒナタはセレビィを調査するために来ていました。

 セレビィはピカチュウに看護されて助かります。

 サトシ達とヒナタはセレビィを発見します。

 そこにロケット団が来てセレビィを捕獲しようとしますが、これを撃退します。

 セレビィは元の時代に帰って行きます。

感想 §

 とても良かったのは、ポケモンレンジャーのヒナタに制止されるサトシ達が、行くことを許されるまでの描写です。

 まず、ヒナタは厳しい態度でサトシ達を止めます。それから、ピカチュウが行ってしまったという事情を聞き、無線で問い合わせてから、許可を出します。

 その手順には、好ましい厳しさもあれば、プロフェッショナリズムもあります。

 こういう人物が出てくるところが、単なる安易な子供向けアニメとは一線を画するところですね。

今回の一言 §

 とはいえ、ポケモンレンジャーのヒナタさん、ポケモンをキャプチャするときの棒をグルグルするポーズは、見ていて思わず笑ってしまいます。

 でも、許します。というか、この間抜けなムードは、妙な魅力があります。作品世界が崩壊して異世界が入り込んだような、妙な面白さを感じました。

 こういう描写があってOKという意味で、良いと思います。