2006年03月13日
トーノZEROアニメ感想怪 ~ayakashi~total 7096 count

これはびっくり、「怪 ~ayakashi~」でこんな凄いものをやってるとは!

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 トーノZERO, THE BELKANアニメ感想家(笑)のアニメ感想を参ります。

 2006年3月10日の「怪 ~ayakashi~」の感想。

サブタイトル §

化猫「序の幕」

あらすじ §

 花嫁を送り出そうとしていた武士の屋敷に、怪しい薬売りが来ます。

 花嫁は屋敷を出る前に死にます。

 薬売りは、これをもののけの仕業だと言いますが、逆に怪しまれます。

 薬売りは、もののけを斬るための退魔の剣を持っていましたが、それを抜くには条件があります。形と真と理を知らねばならないと言います。

 形は「化け猫」と分かります。

 薬売りは、その場の人間達に、真と理を聞かせろと言います。

感想 §

 「怪 ~ayakashi~」は、第1話を見て、「うーん、イマイチだなぁ」という感想を持って、それ以来見ていませんでした。

 たとえば、小説で言えば京極夏彦の境地にはとうてい及ばず、時代アニメという観点で言えば先行するサムライ・チャンプルーや、陸奥圓明流外伝 修羅の刻の特に幕末編などと比較すると、遙かに見劣りするという印象しかありませんでした。

 しかし、この化猫「序の幕」は凄い。

 ドロドロの武家屋敷の内幕。

 家を救うために嫁がされる娘。

 家を継げなかった飲んだくれの兄。

 尖っている割に変な色気のある女。

 ざっくばらんな下っ端の娘。

 相手の腹を探り合う侍達。

 そういう状況に踏み込んでくる異様な薬売り。

 そして、跳梁するもののけ。

 貼り付けられる無数の結界の札。

 その表面の文字は、別の何かの文様に姿を変えます。

 しかし、何よりも魅力があるのは、なすすべ無くもののけに追い込まれていく屋敷の者達を救い、もののけを斬るという薬売りでしょう。

 異形のヒーロー、異形のハンサムと言っても良いですが、それは姿形だけのことではありません。立ち居振る舞いや態度が、彼の浮世離れしたヒーローとして浮き上がらせると言えます。

 ダイナミックな動きも、魅力があります。

更に感想 §

 先行する作品群からの影響……のようなものが見て取れます。

 無数の札が飛んでいくのはR.O.D. The TVの「紙使い」の描写を連想させるし、映像的にはサムライ・チャンプルーや巌窟王の影響もあるような印象です。

 が、しかし、それらは単なる真似……ということではなく、この作品ならではの独特のムードを作り出すために噛み砕かれ、使いこなされていると感じます。

 そうでなければ、これだけのノリ、雰囲気、面白さは出てこないでしょう。

 いや~、良いものが見られました。

今回の一言 §

 これに気付いたのは、拝御礼さんのブログ「とめどなく、雑記」の文字通り、化けましたのおかげです。感謝感謝。

Facebook

キーワード【 トーノZEROアニメ感想怪 ~ayakashi~
【怪 ~ayakashi~】の次のコンテンツ
2006年
03月
17日
いい味を出しているぞ、くどい顔の小田島様!?
3days 0 count
total 2498 count
【怪 ~ayakashi~】の前のコンテンツ
(ありません)

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20060313214947
サイトの表紙【怪 ~ayakashi~】の表紙【怪 ~ayakashi~】のコンテンツ全リスト 【怪 ~ayakashi~】の入手全リスト 【怪 ~ayakashi~】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.