2006年09月07日
トーノZEROアニメ感想ポケットモンスターtotal 5752 count

ハンサムで力強いぞ! ハルカにとって無二の「男性」となるバシャーモ!?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

名シーン(画像公開ポリシー)

ハルカの顔は、既に世間知らずの子供ではない。己の限界を知り、それでも真摯に戦うことの価値を知っている者の顔になっている。雑念を捨て目の前のコンテストバトルにだけ全力を注ぎ込む。

 トーノZERO, THE BELKANアニメ感想家(笑)のアニメ感想を参ります。

 今日のポケモンAGの感想。

サブタイトル §

「サトシVSハルカ!ラストバトル!!」

あらすじ §

 サトシ達は、それぞれの故郷に戻るために別れることになります。

 そのとき、お祭りでポケモンコンテストが行われることが分かります。

 誰でも参加できるお祭りのポケモンコンテストなので、サトシも参加することになります。

 予選をハルカとサトシが通過します。

 ロケット団が襲撃してきて、その過程でハルカのワカシャモがバシャーモに進化します。

 ポケモンコンテスト決勝戦でサトシとハルカが戦います。

 しかし、勝敗が分からないまま次回に続きます。

感想 §

 ここに来てハルカのワカシャモがバシャーモに進化した……というのは、非常に大きな意味があると思います。

 ハルカにとっての最初のポケモンであるアチャモ、その進化形のワカシャモ。それは、ある意味でハルカの心の成長段階をポケモンの姿で表現したものと言えるかもしれません。幼い可愛さを持つアチャモ。若い闘志を燃やすワカシャモ。そして、大人の貫禄を持つバシャーモを見ていると、そんなことを考えさせられます。

 だからこそ、最終回が近いここでワカシャモがバシャーモに進化したというのは、非常に大きな意味があると思うわけです。ハルカは、サトシやタケシの庇護のもとで必死に戦う存在から、独り立ちしてやっていける存在に進化したことの象徴がバシャーモなのかもしれません。

 もう1つ、バシャーモには意味があるかもしれません。

 バシャーモはハンサムであり、ハルカよりも大きな身体を持ちます。強さと男らしさを体現したバシャーモに、ハルカは抱きつくことができます。

 つまり、バシャーモはハルカにとっての無二の「男性」としての立場を獲得したわけです。バシャーモという絶好の相棒を得たハルカは、これから二人だけで旅をしながらポケモンコンテストを戦い抜くことができるでしょう。もはや、頼れる先輩格の男としてのサトシの後ろを歩く必要はないのです。

今回の一言 §

 ついに次回は最終回。

 最初は、ちょっとなんだかなぁというムードもあったADVANCED GENERATIONが、ここまで盛り上がって楽しめる作品になったのは嬉しいことですね。

Facebook

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20060907225557
サイトの表紙【ポケットモンスター】の表紙【ポケットモンスター】のコンテンツ全リスト 【ポケットモンスター】の入手全リスト 【ポケットモンスター】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.29 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.