2006年10月25日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編 total 1598 count

並木橋通りアオバ自転車店 18 宮尾岳 少年画報社

Written By: 川俣 晶連絡先

 圧倒的に印象深いのは、最初の「ワカバ一人旅」ですね。

 家族に心配されることを避けて、自分一人で旅に出る前半。一人で挑戦を続ける若い母親の魅力が出ています。

 しかし問題は後半です。島のレンタサイクル店のオヤジが持っているわだかまりを、まさに自転車の天使のように解決していくその魅力。まるで心が読めるかのように、オヤジの心を先取りしていく鮮やかさ。そして、最後に領収書の宛名を通して名乗る「粋」。

 いや~、これは素晴らしい作品です。

 何回読み返してもいいぞ!