2007年07月26日
トーノZEROアニメ感想ポケットモンスターtotal 3220 count

いきなりダブルパフォーマンスをやってみせるムサリーナ、実は才能ある!?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 トーノZEROのアニメ感想です。

 今日のポケモンDPの感想。

サブタイトル §

「ヒカリとノゾミとダブルパフォーマンス!」

あらすじ §

 サトシ達は、森の中で練習中に怪我をしたノゾミを助けます。

 ノゾミは、次のポケモンコンテスト・ヨスガ大会は、ポケモン2体を使うダブルパフォーマンスだということをヒカリに教えます。

 ダブルパフォーマンスの経験がないヒカリは練習しますが、上手く行きません。

 そこに、ロケット団の変装であるムサリーナが現れ、ヒカリのやり方では駄目だと酷評します。その言葉に怒ったノゾミは、怪我をした身体でムサリーナとダブルパフォーマンスのバトルを行い、撃退します。

 ノゾミの見事なダブルパフォーマンスを見て、それに満足しないノゾミにヒカリは感銘を受けます。

感想 §

 以下は完全に自信を持って言える解釈では無いのですが、一応書いておくと。

 おそらく、今回で最も重要なシーンは、ピカチュウとの一騎打ちで敗北したブイゼルが、じっと考え込んでいるところでしょう。

 まず、ピカチュウとブイゼルの強さを比較すると、おそらくブイゼルの方が強いはずです。それにも関わらず、ピカチュウとブイゼルの一騎打ちでブイゼルが負けています。そのことは、それ以前の状況でブイゼルが負ったダメージが大きいことを意味します。

 どこでブイゼルがダメージを負ったのかといえば、氷漬けで飛ばされたところでしょう。

 逆に言えば、氷漬けにされたブイゼルのダメージは非常に大きく、通常のポケモンであれば耐えられるレベルではないことになります。

 だからこそ、ブイゼルはその技を未完のまま終わらせたくはなかったのでしょう。

 この時点でブイゼルが目指すべき目標は、ピカチュウにリベンジして勝つことではなく、技を完成させることです。そのことを、ブイゼルは考え込んでいたのでしょう。

 さて、今回のノゾミはいつになくヒカリやサトシに優しいと言えます。怪我を助けてもらった……という状況はあるにせよ、それだけでは無いでしょう。特にヒカリを酷評するムサリーナに対して、怪我をした身体でバトルするノゾミは非常に印象的です。

 なぜこの時、ノゾミは自ら望んでムサリーナとバトルしなければならなかったのか。その理由の中には、ムサリーナの言い分に不快感を感じた……という側面もあるでしょう。しかし、それだけでなく、ノゾミはブイゼルのダメージの大きさを見抜いていて、このままヒカリがバトルを行えば技の未熟さ以前にポケモンのコンディションで負けると察知したからなのかもしれません。

 だから、ノゾミはヒカリにアドバイスして勝たせるよりも、たとえ怪我をしていても自分がバトルすることを選択したのかもしれません。

今回の一言 §

 ブイゼルと同じ場所でゲットしたポケモンを使うノゾミ。

 実は、ノゾミもブイゼルにこだわりがある……というのは考えすぎでしょうか?

Facebook

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20070726223404
サイトの表紙【ポケットモンスター】の表紙【ポケットモンスター】のコンテンツ全リスト 【ポケットモンスター】の入手全リスト 【ポケットモンスター】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.