2007年11月30日
トーノZEROゲームプレイ日記ACE COMBAT 5 THE UNSUNG WAR total 2512 count

真説・MISSION 18+『8492』電脳戦士 土管くん編

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

真説・MISSION 18+『8492』電脳戦士 土管くん編 §

ペロー「搭乗員から『おやじさん』と慕われる。ゲンタ少年」

おやじさん「ゲンタじゃないよ。ピーターだよ。ピーター・N・ビーグル特務少尉」

ペロー「バカブリャハー! (ぼかっ)」

おやじさん「何をするんだよ、パパ!」

ペロー「君とバートレットは15年前、敵地上空で撃墜されたことになっている。そのバートレットはスパイだった。本当は君は何者なのだ? 証明できまい? 自分の軍歴を……」

おやじさん「うっ……」

ペロー「だから、おまえはピーターではない。ゲンタなのだっ。だっ。だっ!!」

おやじさん「なんか悔しいけどここで本名は名乗れないよっ!」

真説・MISSION 19『決路』電脳戦士 土管くん編 §

サンダーヘッド「こちらサンダーヘッド。8492はどうしたのか? こちらでは彼らの機影を再び捉えた」

グリム「また出た」

土管くん「こちら土管くん。今発見した。撃墜すればいいのか?」

ハミルトン「そのとおりだ」

グリム「発光信号だ。えっと……。信ジロ。ベイルアウトセヨ。ベイルアウトしろだって?」

ブレイズ「土管が操縦してるトムキャットなんて信用できないよ!」

ブレイズ「だいたい、その後席に乗ってる人は誰なんだよ!」

土管くん「ああ、これはただの『操縦する人』だから気にしないで」

ブレイズ「土管くんが操縦してるわけじゃないのかよ!」

土管くん「普段は僕が操縦してるけど、緊急時には『操縦する人』が操縦してくれるんだ」

ブレイズ「緊急時ってどんな時だよ!」

土管くん「たとえば、右ヨーと左ヨーを同時に押したときとか」

ブレイズ「単なるオートパイロット機能かよ。それじゃ、単座機で出撃するときは、どうするんだよ!」

土管くん「心配しないで。それぐらいなら、単なる機械装置でもできるから、単座機でも平気だよ!」

ブレイズ「だったら、最初から『操縦する人』は要らないじゃないかよ!」

真説・MISSION 25『ハートブレイク・ワン』電脳戦士 土管くん編 §

ジュネット「彼女は1枚のディスクを携えていた。そこにはベルカの『灰色の男たち』のたくらみが隠されているのだという。その暗号コードの解読は出来ない」

土管くん「ディスクだったら僕に任せて。アプリケーション、インストール!」

ブレイズ「凄いぞ。土管くんの姿が変わるぞ! 灰色の男達に変形だ!」

土管くん「いや、形までは変わらないんだ。でも色は完全に再現できるよ!」

ブレイズ「って、形どころか色も変わってないよ!」

土管くん「土管はもともと灰色だから、何もしなくても『灰色の男たち』を完全再現さ!」

ブレイズ「それってぜんぜん意味無いよ!」

元ネタ §

ACE COMBAT 5 THE UNSUNG WAR

 ご意見、ご感想、情報提供、検証情報などはFacebookのDeep Strike Acesへどうぞ Facebookにログイン後、「いいね!」をクリックすると主要な文書が閲覧できるほか、メッセージも書き込めます。

もっと情報? §