2008年08月08日
川俣晶の縁側ソフトウェア技術雑記total 4354 count

ASP.NET 開発サーバーでHTTPモジュールを動作させる方法

Written By: 川俣 晶連絡先

 以下は、それほど大それた話ではありません。新しい話ですらありません。自分用のメモです。

 ASP.NETプロジェクトからHTTPモジュールを動作させる手順は昔と比べて大幅に簡単になったようです。

 具体的には、「チュートリアル カスタム HTTP モジュールを作成および登録する」に書かれています。

 更にかなり嬉しいのは、ASP.NET 開発サーバーでもHTTPモジュールが動くこと。Visual Studio 2008から「ファイルシステム」で作成したWebサイトはIISではなく、ASP.NET 開発サーバーで動作しますが、これでもOK。

 具体的には、上記リンク先のページの中で、「IIS 6.0 および IIS 7.0 のクラシック モードでの HTTP モジュールの登録」の手順を取ることで動作可能になります。

悩ましいのは §

 とはいえ、悩ましいこともあります。

 「IIS 6.0 および IIS 7.0 のクラシック モードでの HTTP モジュールの登録」と「IIS 7.0 統合モードでの HTTP モジュールの登録」では、web.configに書き込む位置が異なること。

 しかし、Visual Studio 2008が生成するweb.configを見ると、双方の要素が用意されていて、両方に書き込んでおくのが良さそうな雰囲気です。

 つまり、IIS 7.0で動かないというトラブルを避けるには、忘れずに両方にadd要素を書いておく方が良さそう。

 (2011/10/31追記。これはバッドアイデア。両方書いてあるとIIS7.5で動かない問題に遭遇。ASP.NET 開発サーバーではなくIISを使ってデバッグするのが正解のようです。Windows 7ならローカルのIISもIIS7.5なので。切り替えるには、プロジェクトのプロパティで設定を変更するだけ。その際、Visual Studioを管理者権限で動かしておく必要があります。これでIIS6時代のマシンは使わないとすれば上手く行くようです)。

感想 §

 最近はあまりASP.NETに正面から取り組んでいなかったので(古いソフトのメンテはVisual Studio .NET 2003でやっていたぐらい)、ASP.NETの進化に目を白黒 (笑。

 HTTPモジュールの扱いがこれほど簡単になっていたのなら、とっとと開発環境を変えておけば良かったかも。

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側ソフトウェア技術雑記
【技術雑記】の次のコンテンツ
2008年
08月
18日
.NET FrameworkのTextReader.ReadToEnd メソッドはnullを返さない
3days 0 count
total 3596 count
【技術雑記】の前のコンテンツ
2008年
07月
30日
ActionScript 3.0 (AS3)のRENDERイベントとinvalidateの悩ましい関係
3days 0 count
total 7275 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20080808185536
サイトの表紙【技術雑記】の表紙【技術雑記】のコンテンツ全リスト 【技術雑記】の入手全リスト 【技術雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.33 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.