2009年04月23日
トーノZEROアニメ感想ポケットモンスターtotal 2762 count

ヒカリが一人前になることは、それ自体が物語のゴールを意味しない?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 トーノZEROのアニメ感想です。

 今日のポケモンDPの感想。

サブタイトル §

「ポケモンピンポン大会!エテボースがんばる!!」

あらすじ §

 ポケモンピンポン大会に、サトシ+ピカチュウペア、ヒカリ+エテボースペアは出場します。緊張したサトシはすぐ敗退したものの、ヒカリは頑張り、前大会チャンピオンのオウ選手との対戦にまでたどり着きます。

 ヒカリは途中でラケットを破損してしまうものの、エテボースが1人で頑張って1セットを取ります。試合そのものには負けたものの、オウ選手はエテボースを強化選手として育てたいと申し入れます。

 最終的に、ヒカリはエテボースの望むとおりにさせたいと考え、エテボースに選ばせます。エテボースはポケモンピンポンを選び、去っていきます。

感想 §

 ああっ。これですよ、これ。

 「ポケモンピンポン大会!エテボースがんばる!!」というサブタイトルから考えれば、どう見てもエテボースが頑張って勝利する話に思えますね。そして、それは途中までは間違いではありません。ところが、いざ蓋を開けてみると頑張りすぎたエテボースがスカウトされ、ヒカリと分かれる話ではありませんか。

 そう考えれば、今回の見所はおそらくひたすらヒカリの表情と、それを通して描かれるヒカリの心情です。

 たとえば試合中に笑顔を取り繕うことすら忘れて真剣になってしまったり、エテボースの行方不明に本気で心配したり、エテボースの選択に悲しんだり、いろいろな表情を見せてくれます。

 そうやって、ヒカリも一生懸命、ポケモンと社会と現実に向き合って生きているわけです。つまり、ヒカリが一人前になるということは、それ自体が物語のゴールを意味するわけではなく、終わり無き決断を要求される人生が始まるだけなのです。今回のエテボースとの別れのような決断は、これからも繰り返し要求され、しかも決断に唯一の正解は存在しないでしょう。それにも関わらず決断をしなければなりません。

 そして、ヒカリは自らエテボースに任せるという決断を行い、そしていかに哀しくともその決断を尊重して貫徹します。この辛い痛みは、大人になれば無くなる性質のものではないでしょう。

更に感想 §

 ひとなつこく、ひたすらサトシにつきまくった過去を持つエテボース。ヒカリのものになったときは少し驚きましたが、今回もあっさりとオウ選手のところに行ってしまいます。これも少し驚きです。しかし、そういう「自分のやりたいことのためにフットワーク軽く移動して行ける」性格があればこそ、サトシにつきまとったとも言えるわけですね。それを考えれば、これもまたエテボースらしい決断なのでしょう、たぶん。

今回の一言 §

 ムサシの超ミニスカートはけっこう色気があったぞ!!

Facebook

キーワード【 トーノZEROアニメ感想ポケットモンスター
【ポケットモンスター】の次のコンテンツ
2009年
04月
30日
若い娘の「可愛い」は理解不能であるという深いエピソード!?
3days 0 count
total 3024 count
【ポケットモンスター】の前のコンテンツ
2009年
04月
16日
たとえ1次審査でも通るかどうか不安で当たり前! その不安を抱えて発表を待て!
3days 0 count
total 2125 count

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20090423223941
サイトの表紙【ポケットモンスター】の表紙【ポケットモンスター】のコンテンツ全リスト 【ポケットモンスター】の入手全リスト 【ポケットモンスター】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.