B075V33WRN
Amazon.co.jp


B075C6FGM4
Amazon.co.jp


B071JNH8RH
Amazon.co.jp


B00DOS0FTQ
Amazon.co.jp

2009年09月10日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記total 7014 count

補助128号線論・あまり京王のメリットにならない? ならば誰のため?

Written By: 川俣 晶連絡先

 補助128号線は個人的に大ヒットです。もう面白くてたまりません。しかも、話題が次から次へと出てきます。

 自分でも発見していますが、Alice堂のWEBLOGさんの都市計画道路 補助128号線によると、「せっかくの地下道路対応校舎も,その機能を使わなずに老朽化し,撤去する事になってしまった」といった話まであるようです。

 ちなみに、個人的に気づいていて、まだ(たぶん)書いていない話題をいくつか書くと。

  • 甲州街道から最初に西の大きく分岐するまでの区間(既存の道路に沿っている区間)は、道路西側に極端に古い建物や、建物の手前に開いた土地を残したままの家も多く、明らかに補助128号線の建設に備えている
  • 神田川との交点北東側には不自然な休憩スペースがあるが、これは補助128号線建設時には道路の一部となる土地と考えられる
  • 補助128号線が甲州街道と交差する点は、甲州街道上の首都高速4号線の橋脚の中間あたりに相当し、交差点は作りやすい

 以上は前置きです。

 実は1つの疑問が出てきました。

それは京王のメリットになるか? 東急のメリットになるか? §

 従来、以下のように解釈していました。

  • 下高井戸にはかつて京王のバスターミナルが存在した (甲州街道と玉川上水の間)
  • 補助128号線が完成すれば、現在の駐車場用地をバスターミナルに転用することで、京王は失われたバスターミナルを復活させることができる

 しかし、京王のこのあたりのバス拠点は完全に永福町に集約されています。そのことは、永福町付近を散歩中に痛感しました。今更、永福町から下高井戸までバス路線を延ばすでしょうか。ちなみに、永福町方面からのバスは都心方向と高円寺方向にしか路線がありません。永福町から下高井戸に出るなら徒歩でも容易であり、明大前乗り換えの電車でも大した手間ではありません。

 ならば、下高井戸から更に南下する経路はどうでしょうか。しかし、補助128号線の下高井戸~上町間はほぼ世田谷線と平行します。ここにバス路線を開設することのメリットは見えてきません。

 つまり、あらためて下高井戸のバスターミナルを設けるメリットが京王には見いだしにくく、まして世田谷線と競合する可能性のある東急です。

 ここで、京王も東急も補助128号線の計画には冷淡である、と解釈すると非常にすっきりと以下のような状況を解釈できます。

  • 駅東部への連絡に便利な駅構造を全く作ろうとしていない
  • 地下通路は世田谷線から駅東部に連絡するために便利だが、ここを主要な通路として飾り立てることは行われていない
  • 京王の下高井戸駅の出口は全て西側を指向している
  • 京王はホーム延長時に補助128号線と交差する箇所をあっさりとホームで遮断している

駐車場は誰のものか? §

 下高井戸駅東部には駐車場や駐輪場が存在します。

 ざっと見たところ、運営者にはおおむね以下のバリエーションがあるようです。

  • 京王不動産
  • 世田谷区
  • 下高井戸商店街

 当初、京王不動産の駐車場を見て他もそうだと思っていましたが違います。おそらく、京王不動産が持っている土地は線路周辺に限られ、京王線の高架複々線化用地として所有している(いた)のだろうと思います。

 では他の土地はどうか……というと、京王の目的に奉仕する土地とは言い難く、下高井戸商店街運営の駐車場もおそらくは世田谷区の駐輪場と一体で、たぶん自治体が所有する土地ではないかという気がします。そのあたりまでは突っ込んで調べていませんが、仮にここにバスターミナルを作りたい者がいるとしても、それはおそらく京王ではありません。

 では誰がそれを使うのか……、と考えると、実は小田急バスかもしれないという気がしました。利用者がどれぐらいいるかは分かりませんが、東急田園都市線沿線から中央線沿線付近まで到達するバス路線があると便利そうです。その場合、下高井戸は単なる中間の通過点です。世田谷線との競合区間も「途中で部分的に重なっているだけ」であり、主要な問題ではありません。

 しかし、よく見ると補助128号線は小田急の駅の近くを通りません。小田急とは、豪徳寺駅と経堂駅の中間付近を交差しており、小田急との連絡はあまりよくありません。小田急が熱心とも考えにくくなりました。

 その先を見ると、補助128号線の終点は東急田園都市線桜新町駅です。ならば、東急が桜新町と下高井戸(ないし永福町orその先)を結ぶバス路線を開設したいと思うでしょうか? いや、それはかなりの割合で自社の世田谷線と競合してしまいます。

結論はない §

 というわけで、どうも補助128号線と絡んで作られる下高井戸のバスターミナルというアイデアは今ひとつ上手く噛み合いません。桜上水駅北口前のスペースが補助133号線絡みのバスターミナル予定地だという説は「一理ある」と思えますが、下高井戸は違います。

 というわけで、結論がないからこそ、興味を強く惹かれるところがあります。

Facebook

下高井戸周辺史雑記

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記
【下高井戸周辺史雑記】の次のコンテンツ
2009年
09月
12日
分断された「恵泉裏通り」という問題
3days 0 count
total 4807 count
【下高井戸周辺史雑記】の前のコンテンツ
2009年
09月
06日
下高井戸駅の「失われた未来」を描くことで下高井戸の謎を解釈する
3days 0 count
total 3145 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2009年
08月
31日
下高井戸にあった京王ストアの意外な位置
3days 0 count
total 3944 count
2009年
09月
02日
永福橋のファミリーマートの手前に広すぎる空間がある理由・都市計画道路 補助128号線で解釈
3days 0 count
total 4308 count
2009年
09月
06日
下高井戸駅の「失われた未来」を描くことで下高井戸の謎を解釈する
3days 0 count
total 3145 count


B075V33WRN
Amazon.co.jp


B075C6FGM4
Amazon.co.jp


B071JNH8RH
Amazon.co.jp


B00DOS0FTQ
Amazon.co.jp

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20090910132409
サイトの表紙【下高井戸周辺史雑記】の表紙【下高井戸周辺史雑記】のコンテンツ全リスト 【下高井戸周辺史雑記】の入手全リスト 【下高井戸周辺史雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.29 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.