2010年07月11日
トーノZERO日本アニメ特撮こてん古典TV特撮1980年代 total 2537 count

電脳警察サイバーコップ

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

スタッフ §

  • 放送期間: 1988年10月2日から1989年7月5日
  • 企画制作:日本テレビ
  • 製作:東宝企画、スタジオジャンプ、読売広告社
  • 企画:嶋村一夫(読広)、
  • プロデューサー:堀越徹(NTV)、石川清司(読広)、(東宝企画)
  • 企画協力:のなかみのる(しげるプロ)
  • 監督:村石宏實、松本清孝、北村義樹、平田道夫、大井利夫
  • 脚本:武上純希、大橋志吉、ごうどかずひこ、田哲平、戸田博史
  • 音楽:新田一郎
  • 特殊メイク:藤原慎二
  • アクションディレクター:西本良治郎
  • 美術:特殊美術GAM
  • 操演:亀甲船
  • アニメーション:雷神
  • 特殊造形:コスモプロダクション
  • キャラクターデザイン:のなかみのる、サブマリン、小原渉平
  • ルナ・デザイン:いのまたむつみ
  • 技術協力:日本VTR
  • ビデオプロセス:IMAGICA
  • スタジオ:東宝ビルト
  • 協力:富士通、ヤマハ、トヨタ自動車

 WikiPediaより

概要 §

 戦隊の亜流的な特撮アクション作品。サイバーコップ達はビットスーツを身にまとって変身して戦います。主人公らにはジュピター等の惑星のコードネームが付いています。

感想 §

 実は途中までしか見てないのだよね、これ。ただ、当時は特撮をほとんど見てなかったので、ちょっとでも見たのはかなり良い結果かもしれません。しかし、台詞も工夫があって洒落ていたし、けっこう見応えはありましたね。でも、続編の企画がアニメになってしまうとは。

 それにしても、この時期はおそらく特撮冬の時代。熱意はあっても空回りしてあまり人気と噛み合わない時代だったのでしょう。やはりそこは難しいところです。

 いや、台詞とかけっこう凝っていて結構好きだったのですけどね。