2012年08月25日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記total 1442 count

上北沢のトロッコは水道用か?

Written By: 川俣 晶連絡先

 またメッセージを頂きました。

 実は自分で以下の問題意識を持っていました。

  • トロッコは水道用ではないか?
  • 環八以西にも存在した可能性があるのではないか?

 同じ事をもっと詳細に考えていらっしゃったようです。

Subject: トロッコはすぐ近くにあった・これで謎は解けたか!?

Keyword: 【▲→川俣晶の縁側→歴史と文化→下高井戸周辺史雑記】

URL: http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20120823142720

本文:

上北沢トロッコに関しての、個人的考察を御案内致します。

1、単線(棒線)、トロッコ1台では、土砂の運搬量はたかが知れている

2、土手を越える。踏み分け道には、土手の左右から階段状に土留のある段々がついていた(1段25~30センチ・ぜんたいのかさ上げ高は1・5メートル程)にもかかわらず、終点近くには迂回する通路が設置されていた→土手を越える通路があちこちに設置されていた→踏切部分がある(歩み板はないが、かなり踏み込まれている)→土手に対してレールが以前から設置されていた様子

3、全線に亘り、積み込み又は積み下ろし場所が環八の工事中の箇所のみ

4、土日が休み(トロッコを勝手にいじれる日)

以上の条件により、水道局関係又はこの区間に対するなんらかの上水暗渠土手の保全用の軌道の可能性があります。

また、環八以西にももしかすると同じような目的の為に軌道が存在した可能性があり

ます。更に言えば、上北5→久我山までトロッコ軌道が連続して存在していたかもしれません)

(自分は上北小→富士見が丘中なのですが、同級生始め、一切このトロッコの話を聞いたことがありません。一緒に遊んだ連中も覚えていませんでした)

放射4号工事は、あっという間に工事が進んでしまった印象がありますし、建機が結構いたようでした。(上北5丁目北側の北沢用水の細い道を、ダンプが我が物顔に走っていて、危険だから近づかないようにといわれました)

そのころには、上水の土手は一切撤去されて、平らな土地になっておりました。

その直ぐ後に分場の北側に、分場に出入りするトラックのために現在の4号南がわの側道が整備されました。(昭和47年ごろ)今でも分譲北側の歩道と車道を区切る縁石に古いのがのこっております。

また。上水の南・北は並行するくぼ地になっており(松原分場西端から西)南側は比較的広い開渠(1M程・流水なし)、北側は土のくぼ地だったと記憶しております。今は存在しないアパートの二階通路から、上水上の線路の俯瞰が出来ました。

(それは、まるで地方の非電化区間のゆるやかにカーブした土盛り単線線路でした)

ここで、疑問のご提示。上北の桜並木の一角は、「佐内町」とよばれておりますが、ここは旧来はどうやら田畑だったらしく、水源としての用水が必要なくらいの微高地で南に向ってさがっております。

ここへの給水路がヤット判りました。

(まえに御案内の北澤川に流れ込む水路(分場→NTTからの分岐ではありません。地形的に不可能かとおもわれます。)

さて、川俣様のご考察を是非御願致します。

ナゾナゾめいての質問、大変申し訳御座いません。

何卒宜しく御願致します。

追伸

八幡山の珊瑚模型店!

私も随分通いました。

無くなった時はかなり悲しかったです。

(柴崎模型のクモハ40もなつかしいです)

 左内町に関しては、おそらく桜上水Confidentialさんの方が詳しそうです。

 それから、シバサキ模型ですね。存在は知っていましたが、実は行ったことがありません。模型に興味があった子どもの頃、乗り換えの都合で一度改札を出る吉祥寺では歌川に寄れましたが、柴崎は素通りしてしまうのですよ。

 しかしながら、今になって地図を見て愕然。

 柴崎はかなり歩き回った場所なので良く分かります。東京都調布市柴崎1-14というのは、島田理化工業のすぐ近く。

 (今地図を見ると、つつじヶ丘にあった親戚の家から楽に徒歩で行ける距離。それが分かっていれば訪問できたものを……)

 しかも、京王旧線跡のすぐ近くでもあります。

 この京王旧線跡も、今となっては場所が良く分かります。すぐ「あそこ」と言えます。最初に知ったときはやたらめんどくさい場所に思えましたが、今ならあっさり到達できます。

 柴崎ワクワクゾーンは(中央高速以南、野川以北に限って)既にしゃぶり尽くしたと思っていましたが、まだだ見落としはありそうです。

 ちなみに、今なら調布まで自転車で行けることが分かっているので、柴崎も自転車で楽勝。

Facebook

下高井戸周辺史雑記

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記
【下高井戸周辺史雑記】の次のコンテンツ
2012年
08月
27日
代田橋の玉川上水新水路跡の地図は平気だろうか
3days 0 count
total 1140 count
【下高井戸周辺史雑記】の前のコンテンツ
2012年
08月
23日
トロッコはすぐ近くにあった・これで謎は解けたか!?
3days 0 count
total 1461 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20120825164444
サイトの表紙【下高井戸周辺史雑記】の表紙【下高井戸周辺史雑記】のコンテンツ全リスト 【下高井戸周辺史雑記】の入手全リスト 【下高井戸周辺史雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.29 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.