2012年10月23日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 3003 count

ヤマト2199第8話のヒルデは間違っているのか?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「デスラーの嘘くさい演説に熱狂するガミラス臣民達。ガーレ・デスラー!」

「ヤマト2199第8話の話だね」

「ヤマト2199第8話をもう一度改めて考えると一筋縄では行かない気がする」

「それはなぜ?」

「表面的に見ると、ヤマト2199第8話とは『デスラーがもたらした危機を必死に脱出するヤマト』の話である」

「まさに神のみわざである」

「しかし、この話は主にガミラス側の視点で描かれているのだ」

「まさか。我が大ガミラスと言えども破れることはあったのです!という話?」

「この話は実は若くして思い上がったデスラーがヤマトに負ける話なのだ」

「ヤマト1974でも負けてるよ」

「ヒス君。君は馬鹿かね。ヤマト1974のデスラーは寝ちゃうのだ。正面から敗北を受け止めていない」

「ひ~」

「だいたい、恒星までヤマトが逃げればガス生命体がアウトって、予測可能。でも慢心したデスラーは気づかない。デスラーにおべんちゃらを言うのに忙しい重臣も気づかない」

「わざと出口を用意しなければ、勝てた可能性があるわけだね」

「そうだ。だからデスラーは負ける。問題はその後だ」

「えっ?」

「負けた後に何をするのかで人間の価値は決まる」

「デスラーは何をした?」

「戦死者の2階級特進と、遺族への名誉市民授与。そして、ヤマトの名前を確認」

「それってどういうこと?」

「失敗のフォローを忘れない。そして、敵の名前をしっかりと確認して再戦への意欲を高めている」

「なるほど」

「そういう意味で、デスラーは『今回は負けた』というだけで、気持の上で負けていない」

「そこは立派なのだね」

「さて、ここで問題」

「なんだよ」

「負けて立派な態度を取ったデスラーに熱狂したヒルデは間違った行為を行ったのだろうか」

「えっ?」

「うかつに独裁者に騙され、父親が戦場でひねり潰された憐れな被害者なのだろうか。脳天気にデスラーの演説に興奮している場合じゃない詐欺の被害者なのだろうか」

「被害者じゃないとしたら、何だというの?」

「デスラーは相当冗談が好きな男を落としちゃうように残虐だが、実は重臣や司令官クラスに限ってその残虐性が発揮されている」

「えっ?」

「自分の目の前で醜態を晒す相当冗談男や、態度が悪いゲールに対しては容赦が無い。椅子のスイッチですぐ消しちゃう。でも、演説で熱狂している臣民にその残虐性は発揮されない」

「えー」

「案外、ヒルデがデスラーに熱狂する行為は間違っていないのかも知れない」

「それは、ヤマトの正義を否定しちゃう発言だね」

「ヤマトの正義。地球の正義。それが否定されかねない瀬戸際にいると思うべきだろうな」

「ひ~」

「面白くなってきやがったぜ」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2012年
10月
24日
第三章ヤマトーク@新宿ピカデリー感想
3days 0 count
total 3033 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2012年
10月
22日
1/1000ヤマト2号艦建艦記録その6・盛り上がっているところ悪いのだが
3days 0 count
total 1642 count
2012年10月23日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 3003 count

ヤマト2199第8話のヒルデは間違っているのか?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「デスラーの嘘くさい演説に熱狂するガミラス臣民達。ガーレ・デスラー!」

「ヤマト2199第8話の話だね」

「ヤマト2199第8話をもう一度改めて考えると一筋縄では行かない気がする」

「それはなぜ?」

「表面的に見ると、ヤマト2199第8話とは『デスラーがもたらした危機を必死に脱出するヤマト』の話である」

「まさに神のみわざである」

「しかし、この話は主にガミラス側の視点で描かれているのだ」

「まさか。我が大ガミラスと言えども破れることはあったのです!という話?」

「この話は実は若くして思い上がったデスラーがヤマトに負ける話なのだ」

「ヤマト1974でも負けてるよ」

「ヒス君。君は馬鹿かね。ヤマト1974のデスラーは寝ちゃうのだ。正面から敗北を受け止めていない」

「ひ~」

「だいたい、恒星までヤマトが逃げればガス生命体がアウトって、予測可能。でも慢心したデスラーは気づかない。デスラーにおべんちゃらを言うのに忙しい重臣も気づかない」

「わざと出口を用意しなければ、勝てた可能性があるわけだね」

「そうだ。だからデスラーは負ける。問題はその後だ」

「えっ?」

「負けた後に何をするのかで人間の価値は決まる」

「デスラーは何をした?」

「戦死者の2階級特進と、遺族への名誉市民授与。そして、ヤマトの名前を確認」

「それってどういうこと?」

「失敗のフォローを忘れない。そして、敵の名前をしっかりと確認して再戦への意欲を高めている」

「なるほど」

「そういう意味で、デスラーは『今回は負けた』というだけで、気持の上で負けていない」

「そこは立派なのだね」

「さて、ここで問題」

「なんだよ」

「負けて立派な態度を取ったデスラーに熱狂したヒルデは間違った行為を行ったのだろうか」

「えっ?」

「うかつに独裁者に騙され、父親が戦場でひねり潰された憐れな被害者なのだろうか。脳天気にデスラーの演説に興奮している場合じゃない詐欺の被害者なのだろうか」

「被害者じゃないとしたら、何だというの?」

「デスラーは相当冗談が好きな男を落としちゃうように残虐だが、実は重臣や司令官クラスに限ってその残虐性が発揮されている」

「えっ?」

「自分の目の前で醜態を晒す相当冗談男や、態度が悪いゲールに対しては容赦が無い。椅子のスイッチですぐ消しちゃう。でも、演説で熱狂している臣民にその残虐性は発揮されない」

「えー」

「案外、ヒルデがデスラーに熱狂する行為は間違っていないのかも知れない」

「それは、ヤマトの正義を否定しちゃう発言だね」

「ヤマトの正義。地球の正義。それが否定されかねない瀬戸際にいると思うべきだろうな」

「ひ~」

「面白くなってきやがったぜ」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2012年
10月
24日
第三章ヤマトーク@新宿ピカデリー感想
3days 0 count
total 3033 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2012年
10月
22日
1/1000ヤマト2号艦建艦記録その6・盛り上がっているところ悪いのだが
3days 0 count
total 1642 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20121023084817
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.27 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.