2012年11月01日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 1436 count

クリエイションとは引き算であるか・宇宙戦艦ヤマト編

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

http://yamatokaigi.com/blog/?p=274より

舛田監督は、ホントばっさりと切りますね。復活篇の時もそうでした。脚本の決定稿を一旦持ち帰って、次の会議の時に自身がカットした脚本を持ってきたのですが、これが情け容赦のない切り方で、西崎監督を初め脚本家の皆さんも絶句するほどでした。

「ここで1つ引っかかった」

「なぜ?」

「受け手は足し算で行動するが、送り手は引き算で行動するという仮説があるからだ」

「それはどういうこと?」

「受け手は金を払って映画を見る。より多くのものを受け取れば勝ちだ。だから、できるだけ多く積み上げようとして発想が足し算になる」

「ふむふむ」

「一方で、送り手は言いたいことを全て言ってはダメだ」

「どうして?」

「受け手はどれが本題か分かってないからだ。従って、何を受け取って欲しいのかを明確にする必要があるが、それにはそのメッセージ性と直接関係ない要素はいくら語りたくても落とす必要がある。なぜなら、それを語ることは受け手を混乱させるからだ」

「印象が曖昧になるってことだね」

「結局、何も受け取れなくなる」

「だから『それは本当に必要か』と考えて、否であれば切っていく必要があるわけだね」

「そういう意味で、中身をある程度以上増やすことは実は良いことでは無いのだ」

「たとえば?」

「2199第9話は搭載機が1機しか出てこないがそれでいい。1機出せば十分だからだ。あそこでエスコートの戦闘機も出して収容を描く必要は無い。第10話なら、出迎えは山本のゼロ1機でいい。2機も3機も出す意味は無い」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2012年
11月
01日
1/1000ヤマト2号艦建艦記録その11・甲板の塗装は失敗でござる
3days 0 count
total 1262 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2012年
10月
31日
1/1000ヤマト2号艦建艦記録その10・迷い込んだ小マゼラン星雲で筆セットをゲット
3days 0 count
total 1166 count

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20121101085851
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.28 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.