2013年04月27日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 2383 count

ヤマト2199第五章上映最終日最終回【ネタバレ注意】

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「ヤマト2199第五章上映最終日最終回に行ってきたぞ。新宿ピカデリー22時からの回だ」

「何のために?」

「おいらは、ヤマト2199の真実が見たかった。しかし、おそらく公開初日や前夜祭に真実はない。真実が見えるとしたら、最終日の最終回だろう。そう思った」

「真実って、何か嘘があるみたいな言い方だな」

「そうさ。嘘があると思った。でも何が嘘か分からない」

ヤマトファンが終わる日 §

「実際に見てどうだったのさ」

「内容についてはこれ以上は言うこともない」

「ははは。何回も見てるからね」

「客の入りは、うーん、どれぐらいかな。半分ぐらい埋まってたかな。普通の映画と解釈すれば、最終日最終回なんてそれほど人が入らないので、映画としては健闘している部類だろう。しかし、大きいスクリーンじゃ無いので、そこは割り引く必要がある」

「スクリーン1じゃなくて?」

「スクリーン6だったかな」

「規模は明らかに小さくなってるわけだね」

「しかし、大ブームという感じには届いていない」

「そこは謙虚に受け止める必要があるわけだね」

「そうだな。ヤマトTV放送で気が大きくなっている人もいるかもしれないが、先は分からない」

「話はそれだけ?」

「いや。実は、真実が見えたと感じた瞬間があった」

「なに?」

「終わった後で拍手が起きてこなかったので、自分で叩いたら追従して拍手が起こってきた」

「それに何の意味があるのだい?」

「つまりね。多数派の観客にとって、拍手したいが拍手して良いか戸惑いがある、という感じなのだろう」

「それって拍手したいの? したくないの?」

「中間領域だろう。だから誰かが叩けば追従できるが、静まりかえった映画館で1人だけ拍手するほどでもない」

「微妙……」

「あとね。終電があるのかもしれないが、エンディングですぐ席を立つ人も目立った。明るくなるとすぐ立つ人もね」

「分かった。熱く感動して余韻に浸ってないわけだね」

「まあ終電の都合もあると思うので、急ぐ人はいると思うが」

「でも雰囲気としては、熱く感動とはちょっと違うわけだね」

「まあ、それが自分が見た真実の半分だ」

「残り半分はなんだい?」

「それはヒミツだ」

「なぜ?」

「だって、作品から受け取った印象なんて、事実かどうか分からないんだぜ」

「ぎゃふん」

「しかし、ヤマトファンであることを終了できる日が見えた。というか、気持の上では、既に冷めてしまった部分が既にある。しかし、ヤマト1974の真実は知りたいから、ファンの肩書きは返上してもヤマト研究家の肩書きは維持しよう」

「研究家って誰がくれた肩書き?」

「自称だ」

「自称の地平線を超えてしまったね」

「そうだ。もう後戻りはできない」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2013年
04月
28日
宇宙戦艦ヤマトに撃破されてみようやってみたよ~
3days 0 count
total 1560 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2013年
04月
26日
今まさにヤマトに危機はあるのか無いのか
3days 0 count
total 1460 count
2013年04月27日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 2383 count

ヤマト2199第五章上映最終日最終回【ネタバレ注意】

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「ヤマト2199第五章上映最終日最終回に行ってきたぞ。新宿ピカデリー22時からの回だ」

「何のために?」

「おいらは、ヤマト2199の真実が見たかった。しかし、おそらく公開初日や前夜祭に真実はない。真実が見えるとしたら、最終日の最終回だろう。そう思った」

「真実って、何か嘘があるみたいな言い方だな」

「そうさ。嘘があると思った。でも何が嘘か分からない」

ヤマトファンが終わる日 §

「実際に見てどうだったのさ」

「内容についてはこれ以上は言うこともない」

「ははは。何回も見てるからね」

「客の入りは、うーん、どれぐらいかな。半分ぐらい埋まってたかな。普通の映画と解釈すれば、最終日最終回なんてそれほど人が入らないので、映画としては健闘している部類だろう。しかし、大きいスクリーンじゃ無いので、そこは割り引く必要がある」

「スクリーン1じゃなくて?」

「スクリーン6だったかな」

「規模は明らかに小さくなってるわけだね」

「しかし、大ブームという感じには届いていない」

「そこは謙虚に受け止める必要があるわけだね」

「そうだな。ヤマトTV放送で気が大きくなっている人もいるかもしれないが、先は分からない」

「話はそれだけ?」

「いや。実は、真実が見えたと感じた瞬間があった」

「なに?」

「終わった後で拍手が起きてこなかったので、自分で叩いたら追従して拍手が起こってきた」

「それに何の意味があるのだい?」

「つまりね。多数派の観客にとって、拍手したいが拍手して良いか戸惑いがある、という感じなのだろう」

「それって拍手したいの? したくないの?」

「中間領域だろう。だから誰かが叩けば追従できるが、静まりかえった映画館で1人だけ拍手するほどでもない」

「微妙……」

「あとね。終電があるのかもしれないが、エンディングですぐ席を立つ人も目立った。明るくなるとすぐ立つ人もね」

「分かった。熱く感動して余韻に浸ってないわけだね」

「まあ終電の都合もあると思うので、急ぐ人はいると思うが」

「でも雰囲気としては、熱く感動とはちょっと違うわけだね」

「まあ、それが自分が見た真実の半分だ」

「残り半分はなんだい?」

「それはヒミツだ」

「なぜ?」

「だって、作品から受け取った印象なんて、事実かどうか分からないんだぜ」

「ぎゃふん」

「しかし、ヤマトファンであることを終了できる日が見えた。というか、気持の上では、既に冷めてしまった部分が既にある。しかし、ヤマト1974の真実は知りたいから、ファンの肩書きは返上してもヤマト研究家の肩書きは維持しよう」

「研究家って誰がくれた肩書き?」

「自称だ」

「自称の地平線を超えてしまったね」

「そうだ。もう後戻りはできない」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2013年
04月
28日
宇宙戦艦ヤマトに撃破されてみようやってみたよ~
3days 0 count
total 1560 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2013年
04月
26日
今まさにヤマトに危機はあるのか無いのか
3days 0 count
total 1460 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20130427091641
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.