2013年06月15日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 4420 count

ヤマト2199第六章感想【ネタバレあり版】

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「ネタバレあり感想行くぞ~」

「最初に結論を聞くけど、総合的にどうだった?」

「映像的には文句はない」

「何か文句があるような言い方だね」

「シナリオが理屈で出来ている」

「は?」

「理屈で行けば完璧なシナリオだ」

「どんな風に?」

  • サイレンを鳴らしつつ急降下する急降下爆撃機隊
  • 艦隊が接近してヤマトを攻撃する理由の明確化
  • あっさりドリルミサイルに入れる理由の説明
  • 1隻ずつちゃんと沈んでいくドメル艦隊
  • ドメラーズが失われる理由の明確化
  • 円盤型旗艦がいる理由
  • ドメルの自爆にヤマトが耐えた理由の説明
  • ユリーシャの出現と、間違われた森雪
  • 等々

「理屈で完璧ならそれでいいじゃないか」

「うん。でもね。シナリオとしては焦点がぼけてるの」

「どこがぼけてるの?」

「たとえばね。ドリルミサイルが刺さっているのに第3次攻撃隊を出したり、艦隊決戦中なのに人質奪取の別作戦が行われたり、大事なところをあっさりと説明で流してしまったり、肝心な説明が無かったり」

「つまらないわけ?」

「つまらないわけではないが、シナリオレベルの表現があまり上手くない。引き算ができていない。足すだけではダメで、引くことも考えないといけない。引くことができてこそのプロ」

「君がそう思ってるだけじゃないの?」

「実は終わった後の拍手が弱かった。他の人も、けっこう何らかの満たされぬものを持って帰ったのではないかな」

「他には?」

「エリーサが収容所惑星にいるのにドメルがあっさり自爆したり。奥さんより沖田の方が大事かよ。ドメルはホモかよ」

「えー」

「ユリーシャも岬に憑依しているときと性格違うし」

「はてな?」

パフェ §

「パフェのシーンはね。まるで星宮いちご(ユリーシャ)と、霧矢あおい(山本玲)と、紫吹蘭(メルダ)がケーキを食べてるようなものだ」

「えー」

「おやつのワカメも用意したよ、メルダちゃん」

「ちゃんはやめろ」

「ワカメも要らないの?」

「それは……要る」

「ワカメと言ってやれ。ワカメだ」

ノランは、ノボ+アルフォンか? §

「ノボって誰?」

「聖悠紀版ヤマトでのガミラス外人部隊の男で、森雪といいムードになる」

「森雪に惚れてくれるのは彼かアルフォンってことだね」

「そう」

「でも、ザルツ人でいいの?」

「さすがに肌の色が変だと森雪の相手役に不足だと思えばこれでいいのだろう」

「それで?」

「だからね。森雪に相手役ができて、古代にはサーシャ相当のユリーシャが出てきてしまう」

「サーシャって永遠にのサーシャだね」

「そう。そして、森雪の席に座る」

「第1艦橋で勤務はしないじゃないか」

「そうだ。だから、シーガルの隣の席に座る。エンケラドゥスでの森雪の場所は古代の隣。そして、今度はユリーシャが座って古代を誘惑する。古代は拒めない」

「すっかり永遠にだね」

ああ第1格納庫 §

「第1格納庫からカタパルトを使わず直接発進するコスモゼロ。これはナイスな映像だ」

「第1格納庫にも見せ場が出来たわけだね」

「あとは、棺が出る場所。どこか分からないと思ったら内火艇格納庫の出口から出ていた。そうか、ここか」

ああ薮 §

「ああそうか。薮は森雪を人質にしたのだ」

「してないじゃん」

「信じていたんだよ。彼は森雪を人質にしたと」

「えー」

「花嫁ならいるよ」

「古代君!」

「いや僕は隣にいるから」

ああ伊東 §

「伊東に関しては全く説明不足、描写不足だろうと思う」

「出番が少なすぎるわけだね」

ああ星名 §

「いや~~~~~っ!」

ああ4空母 §

「ドメル艦隊の4空母が着陸しているところは、まるで建物のように見える」

「それってどういうこと?」

「マッチングが良くなってるんだよ。地面や施設と宇宙艦の描き方の」

「そこは進化してるわけだね」

ああキエル・ハイム §

「捕獲されてデスラーと面会してしまう森雪というのも、ある意味でファンの夢だ」

「ホントかよ」

「おいらが作った同人ゲームの宇宙戦艦トヤマでも森雪相当のキャラが敵に捕まるぞ」

「えー」

「しかし、扱いはまるでキエルお嬢様だな」

「ディアナ王女と入れ替わって、王女のふりを続ける訳だね」

「そうそう。イスカンダル人のふりを続けるのはそういうこと」

「ノラン、あなた女装してノーラと名乗りなさい」

「僕はロランでもローラでもありません」

「そうだ。ノーラと名乗ったら、ついでに戦略ミサイル積んでる空母のコンピューターを乗っ取っちゃいなさいよ」

「ノーラの箱船でもありません」

「しかし、森雪がなんでイスカンダル人の真似をしているのか理由がイマイチ分からないな」

「キエルとディアナのときは、服を取り替えっこして遊んでいたからだよね」

ああガトランティス人 §

「収容所にいたのは、地球人という大方の予測を裏切ってガトランティス人だったね」

ああ多弾塔砲 §

「収容所惑星に降りたとき、思わず思ったよ。『敵は大戦車隊だ。多弾塔砲を頼む』」

「おいおい」

第2次攻撃の要有りと認む §

「第3次攻撃で要有りと認めちゃだめだよおぉ」

「えー」

「でも雷撃が自殺強要の同義語になっていたのはいいね」

「立場が弱いよね」

「これはドメルが艦隊をヤマトに接近させる理由付けになっているのか」

「全ての持ち駒を使い切ったら、自力で叩くしか無いわけだね」

ああヒルデ §

「ヒルデが現れた。どうしますか?」

「取りあえずお茶を飲む」

演説 §

「ドメルは死んだ。なぜだ」

「坊や(を死なせているの)だからさ」

演説2 §

「ロクロック鳥だ、と言っていた少年2人もいたね」

ああMRR §

「劇場パンフの今西さんの経歴にしっかりマシンロボレスキューが書いてあったのは良かった」

「なんで?」

「放送当時、特にCGを誉めたアニメだからさ」

「そんなに?」

「当時としてはかなり先進的な映像だったと思うよ」

全般的に §

「ヤマトファンが夢見た夢の映像はいっぱいある」

「ならいいじゃないか」

「でもね。夢を詰め込みすぎて逆に破綻している部分がある」

「思い入れが深すぎるのも考えものってことだね」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2013年
06月
16日
ヤマト2199第六章の本当は怖い女子会【ネタバレ注意】
3days 0 count
total 2843 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2013年
06月
15日
ヤマト2199第六章感想【ネタバレ無し版】
3days 0 count
total 2299 count
2013年06月15日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 4420 count

ヤマト2199第六章感想【ネタバレあり版】

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「ネタバレあり感想行くぞ~」

「最初に結論を聞くけど、総合的にどうだった?」

「映像的には文句はない」

「何か文句があるような言い方だね」

「シナリオが理屈で出来ている」

「は?」

「理屈で行けば完璧なシナリオだ」

「どんな風に?」

  • サイレンを鳴らしつつ急降下する急降下爆撃機隊
  • 艦隊が接近してヤマトを攻撃する理由の明確化
  • あっさりドリルミサイルに入れる理由の説明
  • 1隻ずつちゃんと沈んでいくドメル艦隊
  • ドメラーズが失われる理由の明確化
  • 円盤型旗艦がいる理由
  • ドメルの自爆にヤマトが耐えた理由の説明
  • ユリーシャの出現と、間違われた森雪
  • 等々

「理屈で完璧ならそれでいいじゃないか」

「うん。でもね。シナリオとしては焦点がぼけてるの」

「どこがぼけてるの?」

「たとえばね。ドリルミサイルが刺さっているのに第3次攻撃隊を出したり、艦隊決戦中なのに人質奪取の別作戦が行われたり、大事なところをあっさりと説明で流してしまったり、肝心な説明が無かったり」

「つまらないわけ?」

「つまらないわけではないが、シナリオレベルの表現があまり上手くない。引き算ができていない。足すだけではダメで、引くことも考えないといけない。引くことができてこそのプロ」

「君がそう思ってるだけじゃないの?」

「実は終わった後の拍手が弱かった。他の人も、けっこう何らかの満たされぬものを持って帰ったのではないかな」

「他には?」

「エリーサが収容所惑星にいるのにドメルがあっさり自爆したり。奥さんより沖田の方が大事かよ。ドメルはホモかよ」

「えー」

「ユリーシャも岬に憑依しているときと性格違うし」

「はてな?」

パフェ §

「パフェのシーンはね。まるで星宮いちご(ユリーシャ)と、霧矢あおい(山本玲)と、紫吹蘭(メルダ)がケーキを食べてるようなものだ」

「えー」

「おやつのワカメも用意したよ、メルダちゃん」

「ちゃんはやめろ」

「ワカメも要らないの?」

「それは……要る」

「ワカメと言ってやれ。ワカメだ」

ノランは、ノボ+アルフォンか? §

「ノボって誰?」

「聖悠紀版ヤマトでのガミラス外人部隊の男で、森雪といいムードになる」

「森雪に惚れてくれるのは彼かアルフォンってことだね」

「そう」

「でも、ザルツ人でいいの?」

「さすがに肌の色が変だと森雪の相手役に不足だと思えばこれでいいのだろう」

「それで?」

「だからね。森雪に相手役ができて、古代にはサーシャ相当のユリーシャが出てきてしまう」

「サーシャって永遠にのサーシャだね」

「そう。そして、森雪の席に座る」

「第1艦橋で勤務はしないじゃないか」

「そうだ。だから、シーガルの隣の席に座る。エンケラドゥスでの森雪の場所は古代の隣。そして、今度はユリーシャが座って古代を誘惑する。古代は拒めない」

「すっかり永遠にだね」

ああ第1格納庫 §

「第1格納庫からカタパルトを使わず直接発進するコスモゼロ。これはナイスな映像だ」

「第1格納庫にも見せ場が出来たわけだね」

「あとは、棺が出る場所。どこか分からないと思ったら内火艇格納庫の出口から出ていた。そうか、ここか」

ああ薮 §

「ああそうか。薮は森雪を人質にしたのだ」

「してないじゃん」

「信じていたんだよ。彼は森雪を人質にしたと」

「えー」

「花嫁ならいるよ」

「古代君!」

「いや僕は隣にいるから」

ああ伊東 §

「伊東に関しては全く説明不足、描写不足だろうと思う」

「出番が少なすぎるわけだね」

ああ星名 §

「いや~~~~~っ!」

ああ4空母 §

「ドメル艦隊の4空母が着陸しているところは、まるで建物のように見える」

「それってどういうこと?」

「マッチングが良くなってるんだよ。地面や施設と宇宙艦の描き方の」

「そこは進化してるわけだね」

ああキエル・ハイム §

「捕獲されてデスラーと面会してしまう森雪というのも、ある意味でファンの夢だ」

「ホントかよ」

「おいらが作った同人ゲームの宇宙戦艦トヤマでも森雪相当のキャラが敵に捕まるぞ」

「えー」

「しかし、扱いはまるでキエルお嬢様だな」

「ディアナ王女と入れ替わって、王女のふりを続ける訳だね」

「そうそう。イスカンダル人のふりを続けるのはそういうこと」

「ノラン、あなた女装してノーラと名乗りなさい」

「僕はロランでもローラでもありません」

「そうだ。ノーラと名乗ったら、ついでに戦略ミサイル積んでる空母のコンピューターを乗っ取っちゃいなさいよ」

「ノーラの箱船でもありません」

「しかし、森雪がなんでイスカンダル人の真似をしているのか理由がイマイチ分からないな」

「キエルとディアナのときは、服を取り替えっこして遊んでいたからだよね」

ああガトランティス人 §

「収容所にいたのは、地球人という大方の予測を裏切ってガトランティス人だったね」

ああ多弾塔砲 §

「収容所惑星に降りたとき、思わず思ったよ。『敵は大戦車隊だ。多弾塔砲を頼む』」

「おいおい」

第2次攻撃の要有りと認む §

「第3次攻撃で要有りと認めちゃだめだよおぉ」

「えー」

「でも雷撃が自殺強要の同義語になっていたのはいいね」

「立場が弱いよね」

「これはドメルが艦隊をヤマトに接近させる理由付けになっているのか」

「全ての持ち駒を使い切ったら、自力で叩くしか無いわけだね」

ああヒルデ §

「ヒルデが現れた。どうしますか?」

「取りあえずお茶を飲む」

演説 §

「ドメルは死んだ。なぜだ」

「坊や(を死なせているの)だからさ」

演説2 §

「ロクロック鳥だ、と言っていた少年2人もいたね」

ああMRR §

「劇場パンフの今西さんの経歴にしっかりマシンロボレスキューが書いてあったのは良かった」

「なんで?」

「放送当時、特にCGを誉めたアニメだからさ」

「そんなに?」

「当時としてはかなり先進的な映像だったと思うよ」

全般的に §

「ヤマトファンが夢見た夢の映像はいっぱいある」

「ならいいじゃないか」

「でもね。夢を詰め込みすぎて逆に破綻している部分がある」

「思い入れが深すぎるのも考えものってことだね」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2013年
06月
16日
ヤマト2199第六章の本当は怖い女子会【ネタバレ注意】
3days 0 count
total 2843 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2013年
06月
15日
ヤマト2199第六章感想【ネタバレ無し版】
3days 0 count
total 2299 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20130615085006
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.