B00005UC30
Amazon.co.jp


B005GJBSQA
Amazon.co.jp


B005GJA9QK
Amazon.co.jp


B00BTSHL0O
Amazon.co.jp


B07F24TW97
Amazon.co.jp


B07BNPLVW9
Amazon.co.jp


B077QQZCCQ
Amazon.co.jp


B079Y6LZST
Amazon.co.jp


B06VT95GDW
Amazon.co.jp


B01MZ6OH3E
Amazon.co.jp


B01M26MNQ3
Amazon.co.jp


B07CHQMVCG
Amazon.co.jp


B07D5D5QRR
Amazon.co.jp


B00MTVH236
Amazon.co.jp

2013年07月16日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 1858 count

なぜアナライザーはプリズナーNo.6のようなことを言うのか

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「アナライザーはAU-09というナンバーが設定され、最初に登場したとき『番号なんかで呼ぶな、私は自由なユニットだ』とプリズナーNo.6のようなことを言う。それはなぜか」

「なぜ?」

「実は、ギャラクティカという補助線を引くと見えてきた感じがある」

「それはなに?」

「ギャラクティカのサイロンは12モデルのみ。それぞれ、番号で呼ばれるので、ナンバーシックスもナンバーナインもいる」

「ナンバーナイン=AU-09=観測員9号なんだね」

「だからね。明らかにナンバーシックスにはプリズナーNo.6の影が見えるわけで、そこから補助線を引くと番号が6ではないアナライザーがプリズナーNo.6っぽい台詞を言う根拠が見えてくる」

「意識してまっせ、ということだね?」

「実は更に2199は特撮っぽい表現が多いのかという理由も見えてくる」

「なぜ?」

「ギャラクティカそのものが過去の特撮へのオマージュ的な要素に満ちている。ハッチの番号が1701だったり。スペース1999っぽい展開が入ったり。2001年宇宙の旅っぽい映像が入ったり」

「だから、2199も過去の特撮へのオマージュに満ちるわけだね?」

「そうなのだが、話はそう簡単には割り切れない」

「というと?」

「2199の場合、日本の特撮へのオマージュの割合が大幅に増えて、ファルコンはワンダバで出ることになる」

「なるほど。それは明らかにギャラクティカとは違う方向性だね」

「しかし、実は2199自身がギャラクティカそのものを反映させてしまっている部分がある」

「たとえば?」

「敵が主役メカをワープさせる直前に機関室でエンジンを止めて回避するとか」

「2199だと第14話だね」

「そう。しかし、ギャラクティカにも同じようなシーンがある」

「えー。まさか」

「でもギャラクティカの場合、森船務長のアクセス権限は承認されないで別のドラマに突入する」

「分かった。ワープ直前の機関室というシチュエーションを描くのは『同じ土俵で勝負してやるよ』という意思表示で、こっちの方が緊張があっていいだろとアクセス権限が承認された後の危機で盛り上げてみせたわけだね?」

「かもしれない」

「しれない?」

「ただの想像だ。事実かどうかは一切知らないよ」

「えー」

オマケ §

「あ、目から鱗が落ちた」

「なに?」

「2199のスピンオフやりたい発言の真意」

「過去の火星戦だね」

「実はギャラクティカのスピンオフもブラッド・アンド・クロームとか過去話なのだ」

「過去でも勝負しまっせ、という挑戦の意向だね?」

「かもしれない」

「しれない?」

「ただの想像だ。事実かどうかは一切知らないよ」

「えー」

オマケ2 §

「結局2199に他のアニメみたいな表現が入り込んでくるのも同じ理由で分かる」

「なぜ?」

「特撮の集大成がギャラクティカなら、2199はアニメの集大成でもある」

「集大成で勝負しまっせ、という意思表示だね?」

「かもしれない」

「しれない?」

「ただの想像だ。事実かどうかは一切知らないよ」

「えー」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

Kindle版電子書籍 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2013年
07月
17日
行け、行くんだノラン!はさらば宇宙戦艦ヤマトなのか?
3days 0 count
total 1864 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2013年
07月
15日
ヤマト2199TV第15話感想
3days 0 count
total 2120 count


B00005UC30
Amazon.co.jp


B005GJBSQA
Amazon.co.jp


B005GJA9QK
Amazon.co.jp


B00BTSHL0O
Amazon.co.jp


B07F24TW97
Amazon.co.jp


B07BNPLVW9
Amazon.co.jp


B077QQZCCQ
Amazon.co.jp


B079Y6LZST
Amazon.co.jp


B06VT95GDW
Amazon.co.jp


B01MZ6OH3E
Amazon.co.jp


B01M26MNQ3
Amazon.co.jp


B07CHQMVCG
Amazon.co.jp


B07D5D5QRR
Amazon.co.jp


B00MTVH236
Amazon.co.jp

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20130716084512
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.29 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.