2013年07月27日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 1598 count

ガミラスはいつ沖田の名前を知ったのか

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「ヤマト1974でガミラスが最初にヤマトの名を知ったのは第2話」

「地球人はあの船をこう呼んでいます。ヤマト……」

「では沖田は?」

「少なくとも、第11話 決断!!ガミラス絶対防衛線突入!!でヒスは知っていてデスラーに教えている」

「それで?」

「問題はどうやってガミラスはそれを知ったのか」

「なぜだろう?」

「地球がガミラス向けに電波を流して宣伝している訳でも無いだろう。とすれば、ガミラスの諜報活動であろう」

「どんな諜報活動?」

「可能性を考えてみた」

  • 遠隔地の音を拾う聴音機で聞き耳を立てる
  • スパイが入り込んでいる
  • 小形メカが潜入している

「聴音機案は却下だ」

「なぜ?」

「宇宙で音は聞こえない」

「声で起こる船体の震動を検知するとか」

「それは不可能じゃない。特に艦長室のガラスの震動は拾えそうだ」

「スパイ説は?」

「やや無理がある」

「なぜ?」

「そう簡単にスパイが入り込めたら、地球は既に負けている」

「確かに」

「でも、地球人そっくりのアンドロイドを送り込んだり、地球人の協力者を得るなら話は別だ」

「協力者?」

「お前だけは助けてやるから協力しろと言われて協力した奴がいないとも言えない」

「ひ~」

「小形メカはいつ地球に来たのかが問題だな」

「いつだろう?」

「そこで思いついた。沖田艦はなぜ追撃されなかったのか」

「は?」

「小形メカを送り込む媒体にされたのではないだろうか?」

なぜの問題 §

「実は第2話の段階では、一部の関係者以外誰もヤマトを知らない」

「うん」

「でも第3話では行進をみんなで見送っている」

「そうだね」

「情報は、どこで解禁されたのだろうか」

「第2話と第3話の間?」

「いや。ヤマトが偽装を解除した時点じゃないだろうか」

「なぜそう思うの?」

「突然爆発的にヤマトの名前が地球に広まる。すると、ガミラスは地球人の船の呼び名をすることができる」

「第2話の最後の時点でデスラーがそれを知ることができるわけだね」

オマケ §

「でも、地球人そっくりのアンドロイドを送り込んだり、地球人の協力者を得るなら話は別だ」

「は?」

「これはかなり昔の対話の記録だね」

「うん」

「ギャラクティカを見ると地球人そっくりのアンドロイドとか、地球人の協力者はギャラクティカそのものだと思ったよ」

「えー」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2013年
07月
28日
ヤマト2199第六章ネタバレ解禁!!
3days 0 count
total 1774 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2013年
07月
26日
実は役立っている殊勲艦ゲール専用艦ゲルガメッシュ【ネタバレ注意】
3days 0 count
total 2398 count
2013年07月27日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 1598 count

ガミラスはいつ沖田の名前を知ったのか

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「ヤマト1974でガミラスが最初にヤマトの名を知ったのは第2話」

「地球人はあの船をこう呼んでいます。ヤマト……」

「では沖田は?」

「少なくとも、第11話 決断!!ガミラス絶対防衛線突入!!でヒスは知っていてデスラーに教えている」

「それで?」

「問題はどうやってガミラスはそれを知ったのか」

「なぜだろう?」

「地球がガミラス向けに電波を流して宣伝している訳でも無いだろう。とすれば、ガミラスの諜報活動であろう」

「どんな諜報活動?」

「可能性を考えてみた」

  • 遠隔地の音を拾う聴音機で聞き耳を立てる
  • スパイが入り込んでいる
  • 小形メカが潜入している

「聴音機案は却下だ」

「なぜ?」

「宇宙で音は聞こえない」

「声で起こる船体の震動を検知するとか」

「それは不可能じゃない。特に艦長室のガラスの震動は拾えそうだ」

「スパイ説は?」

「やや無理がある」

「なぜ?」

「そう簡単にスパイが入り込めたら、地球は既に負けている」

「確かに」

「でも、地球人そっくりのアンドロイドを送り込んだり、地球人の協力者を得るなら話は別だ」

「協力者?」

「お前だけは助けてやるから協力しろと言われて協力した奴がいないとも言えない」

「ひ~」

「小形メカはいつ地球に来たのかが問題だな」

「いつだろう?」

「そこで思いついた。沖田艦はなぜ追撃されなかったのか」

「は?」

「小形メカを送り込む媒体にされたのではないだろうか?」

なぜの問題 §

「実は第2話の段階では、一部の関係者以外誰もヤマトを知らない」

「うん」

「でも第3話では行進をみんなで見送っている」

「そうだね」

「情報は、どこで解禁されたのだろうか」

「第2話と第3話の間?」

「いや。ヤマトが偽装を解除した時点じゃないだろうか」

「なぜそう思うの?」

「突然爆発的にヤマトの名前が地球に広まる。すると、ガミラスは地球人の船の呼び名をすることができる」

「第2話の最後の時点でデスラーがそれを知ることができるわけだね」

オマケ §

「でも、地球人そっくりのアンドロイドを送り込んだり、地球人の協力者を得るなら話は別だ」

「は?」

「これはかなり昔の対話の記録だね」

「うん」

「ギャラクティカを見ると地球人そっくりのアンドロイドとか、地球人の協力者はギャラクティカそのものだと思ったよ」

「えー」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2013年
07月
28日
ヤマト2199第六章ネタバレ解禁!!
3days 0 count
total 1774 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2013年
07月
26日
実は役立っている殊勲艦ゲール専用艦ゲルガメッシュ【ネタバレ注意】
3days 0 count
total 2398 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20130727083604
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.27 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.