2013年08月31日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 2135 count

バンダイの1/1000ポルメリア級竣工

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

ポルメリア級ポルメリア級

「能書きは要らん。説明抜きで分かるように作ってある」

オマケ §

名前: トモネコ

本文:

ポルメリア級、完成おめでとうございます(祝)

船体中央部のデコボコは以前ガミラス巡洋艦にコーティングを行いたいとおっしゃって

いられた事の実践でしょうか?

それとも小惑星に偽装しているのでしょうか?

「気にしている人がいるようなので、あえて答える」

「答えて答えて」

「まずガミラスは人間の想像できない異星人であると考えた。発想が違うはずだ」

「それで?」

「綺麗な幾何学的形状は求めないという前提を考えた」

「だから凸凹?」

「そうだ。それをみっともないとは思わない……と考えた」

「なるほど」

「それだけじゃない」

「えっ?」

「だからさ。岩をくりぬいて空母を作っていると考えた。岩からはみ出したメカ部分だけがメカメカしい。しかし、岩で十分に囲われた部分は岩のままのゴツゴツ」

「砲塔とか4本の腕は岩から飛び出したメカ部分なのだね」

「下の方もね」

「他にポイントは?」

「前半と後半の色を変えてある。暗い方は影という印象にしてある」

「それは成功?」

「いや、失敗」

「なんで?」

「明るい部分がメタリックグリーンで、暗い方をメタリックブルーで塗ったら、親衛隊カラーの青いポルメリア級が出てきて、どっちつかずの表現になってしまった」

「ぎゃふん。ところで、完成まで遅れた理由は?」

「実は真鍮線で艦載機を飛ばそうと思ったのだが、色が埋没してしまって目立たない事態が発生して何度も塗り直した。あとは落下事故でパーツ紛失」

「パーツは見つかったんだね?」

「だからこうして完成させた」

「じゃあ、艦載機の方は?」

「艦載機も最初は緑に塗ってあったが、それじゃ緑のポルメリア級に埋没してしまう」

「確かに……」

「最終的に、ポルメリア級の船体は暗い黒、艦載機は明かるい銀でコントラストを確保した。ポルメリア級は緑が基本なので、艦載機のミサイルは赤く塗ってメリハリを付けて目立たせた」

「メランカの色がぜんぜん設定と違うのはそのせいなんだね」

「ポルメリア級もな」

「色の見栄え優先ってことだね」

オマケ2 §

「ガミラス艦にはウロコを付けたいです」

「付けろよ。ガイデロール級作ってるんだろ?」

「めんどくさいからパス」

「えー」

オマケIII §

名前: トモネコ

本文:

「ユリシーズ号と20話」

何度か「女王陛下のユリシーズ号」とヤマトに

ついて触れさせてもらっていますがユリシーズ号では営倉入りの兵士も戦闘中には解放され戦闘に参加させられています。

(罪の重さにもよるとは思いますが)

伊藤や新見は反逆罪なので本当の軍隊なら死刑になるのでしょうか?

「艦底の乗員は脱出せよ!」の命令ですがユリシーズ号によると戦闘中は艦底への扉は外からロックされ艦底の乗員は常に溺死を意識しながら戦わなければいけなかったようです。

とにかく浸水を防ぐためとはいえ現実は悲惨です。

この作品を読むと即死はマシな方で戦闘艦でのまさに地獄のような死に方のオンパレードです。

2199の20話では艦内の負傷者、戦死者の描写がほとんどなかったので・・

「そうだな。死んだと思った星名もちゃっかり生きてるし」

オマケ達ぬ §

Subject: 感想・映画「風立ちぬ」【ネタバレ注意】

Keyword: 【▲→トーノZERO→アニメ感想→風立ちぬ】

URL: http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20130720140847

名前: トモネコ

本文:

「作品中の機体は月光か?」

お仕事、お疲れ様です。

今晩のNHKの宮崎番組は視てられますか?

ジブリブンコの「腰抜け愛国談義」を買ったのですが宮崎飛行機は伯父が社長で宮崎氏の父が工場長制作していた部品は零戦の風防と月光の翼の先の組み立てだったそうです。

(私はもっと小さい部品だと思っていました)

「風立ちぬ」終盤でB29を斜銃で攻撃していたのは月光ですね。

氏はブラッカムでも斜銃にこだわりを見せていましたがこれがルーツですね!

また祖父の父親が維新の時に長岡から出て来たと宮崎氏の父は語っているそうです。

対談相手の半藤氏も長岡高校の卒業生です。

長岡に縁があり私は嬉しいです。

「すまんな。その時間は第七章を見るために劇場に行っていたので見ていない」

「えー。録画もしてないの?」

「してない」

「興味無いの?」

「同じ世界を生きているという手応えを感じた以上、それ以上の詳細に踏み込んでもしょうがない。そういう気分になっている」

「ならば、なおさら情報を追いかけないでいいの?」

「同じ世界に生きていれば、どこかで邂逅することもあろだろう。邂逅しないかもしれないが、邂逅の可能性はある。それだけだ」

「そんなあ!」

「ところで、長岡も雪が多いのかな」

「森雪が多いとか言うなよ」

「ちっ」

「ちってなんだよ、ちって」

「じゃあ、別の話を。雪が多ければ、豪雪除去装置を取りに行く宇宙戦艦トヤマ向きの土地柄だな」

「なんでそんなものを取りに行くんだよ」

「富山は雪が多いので」

「あくまでトヤマかよ」

「続編はセクシーバストシップトヤマ」

「SBトヤマかよ」

「作りたいなあと」

「願望かよ」

「その続編は宇宙戦艦トヤマ2169」

「それも願望かよ」

オマケ艦橋 §

「ドメラーズのブリッジは飛んだ」

「うん」

「第3艦橋も分離して飛びそうに思わないか?」

「えー」

「このちくわ惑星に誘い込まれたのか! 宇宙ホタルで癒されようなど、このヤマト一生の不覚。第3艦橋分離だっ!」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2013年
09月
01日
コスモゼロは三発機か?
3days 0 count
total 1565 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2013年
08月
30日
続・第七章・沖田の挨拶問題【ネタバレ注意】
3days 0 count
total 1720 count

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20130831084420
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.28 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.