2013年10月11日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 6244 count

ポルメリア級はガミラス系ではないのか?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

Subject: 2199ガミラスの長寿艦種はどれだ

Keyword: 【▲→トーノZERO→アニメ感想→宇宙戦艦ヤマト】

URL: http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20130926092314

名前: BIG-Y

本文:

ネット上では目玉(発光部分)が無いガイペロン級は旧式艦ではないか?

という説が囁かれており、ドメルの「船は古く、兵は幼い」の台詞からも古参艦である事がうかがえます。戦闘空母ゲルバデス級<ダロルド>は試作艦という設定が存在しているので、ガイペロン級を指す台詞でしょう。

上記の説が正しければ目玉のあるガイデロール級よりも古い事になります。

同じく目玉が無いポルメリア級はガミメカの正常進化系では無さそうなので侵略したマゾーン星人(仮称)辺りから吸収したテクノロジーではないかと思っています。トーノ・ゼロ様はどう思われますか?

「新しいか古いかはたぶん設定に含まれていると思うよ」

「ガミラス編の設定資料集待ちなのだね」

「でもね。マゾーン星人(仮称)は気に入った。しかも、たぶん設定資料集には絶対に入っていない」

「えー」

「マゾーン星人(仮称)の技術で作ったのがポルメリア級だとすると、あの形が納得できる」

「いや、僕にはそのマゾーン星人(仮称)が分からないのだけど」

「大人になると分かるよ。西暦2977年ぐらいになればね」

「そんなに生きられるか!」

しかし §

「ただ、ポルメリア級は、底面の明滅発行部分が目玉相当という気もしないでも無い」

「目玉総統?」

「違うっ!」

「ガーレ中二デスラー!」

本当にあるかも知れないマゾーン星(仮称) §

「どこにあるんだよ」

「マゾーン星(仮称)は植物が多い星の筈だ」

「どこにそんな星が」

「ビーメラ」

「あれがマゾーン星(仮称)なのか!」

「きっと、もっと長居していたら植物が紙のように萌える女に擬態して古代達を……」

オマケ §

Subject: バンダイの1/1000ポルメリア級竣工

Keyword: 【▲→トーノZERO→アニメ感想→宇宙戦艦ヤマト】

URL: http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20130831084420

名前: トモネコ

本文:

「同じ感性でビックリです!」

トーノ様のポルメリア級と同じ感性の作品が!

http://ameblo.jp/dark-tranquillity-r1/entry-11541394209.html

機動兵器様のブログです。

以前ガミラス重巡の写真をトーノ様がリツィートされていたと思うのですが・・

ポ級がトーノ様の作品と狙い所が同じでビックリしました!

スルドイ感性の方は偶然同じになるのだと思いました。

「残念。結果的に似ているように見えるが想定した狙い目がぜんぜん違う」

「えーっ!」

「あっちは錆びて凸凹になった渋い表現。こっちは、岩をくりぬいた感じを狙って失敗したヘッポコ表現」

「ヘッポコかよ」

「目指せ、最も下手なモデラー」

「なんで下手を目指すんだよ」

「だって、おいらの目標はキットの消費だからね」

「キットの山を減らしたいわけだね」

「そうそう。上手く作るよりも下手に作って消費を加速だ」

オマケ2 §

「キットの山を減らすための方法。最も簡単な方法はゴミの日に出す。あるいは中古屋に売る」

「うそー」

「それではあまりに色気が無いので、作品っぽいものを一応作って終わりにする」

「っぽいってなんだ?」

「本当の作品はあまりに手間と時間が掛かりすぎて山が減らない。だから【っぽい】で妥協する。これで消費速度は大幅に上がる」

「妥協の産物でいいのかよ」

「いい。だって目標は模型で天下を取ることではなく、消費することなんだから」

「世間の人とは違うよ?」

「違う、だから自分はダメ出しをして欲しくない。おそらく間違ったダメ出しをするから」

「間違ったダメ出しとは?」

「自分に対するダメ出しとはキットの山が減っていないことなのだ。しかし、作品の品質を問題にする意見がきっと出る。でもそこは目標に含まれないのだ」

「たまに品質が上がるよ」

「副作用だ。より無理が少ない組みたて方法を模索すると、結果的に完成品の安定度が上がることがあるが、それは副作用。主要な目的ではない」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2013年
10月
12日
見た前、今我々の目の前に第七章BDがある
3days 0 count
total 1403 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2013年
10月
10日
ゲール艦隊は34隻か30余隻か
3days 0 count
total 1489 count
2013年10月11日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 6244 count

ポルメリア級はガミラス系ではないのか?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

Subject: 2199ガミラスの長寿艦種はどれだ

Keyword: 【▲→トーノZERO→アニメ感想→宇宙戦艦ヤマト】

URL: http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20130926092314

名前: BIG-Y

本文:

ネット上では目玉(発光部分)が無いガイペロン級は旧式艦ではないか?

という説が囁かれており、ドメルの「船は古く、兵は幼い」の台詞からも古参艦である事がうかがえます。戦闘空母ゲルバデス級<ダロルド>は試作艦という設定が存在しているので、ガイペロン級を指す台詞でしょう。

上記の説が正しければ目玉のあるガイデロール級よりも古い事になります。

同じく目玉が無いポルメリア級はガミメカの正常進化系では無さそうなので侵略したマゾーン星人(仮称)辺りから吸収したテクノロジーではないかと思っています。トーノ・ゼロ様はどう思われますか?

「新しいか古いかはたぶん設定に含まれていると思うよ」

「ガミラス編の設定資料集待ちなのだね」

「でもね。マゾーン星人(仮称)は気に入った。しかも、たぶん設定資料集には絶対に入っていない」

「えー」

「マゾーン星人(仮称)の技術で作ったのがポルメリア級だとすると、あの形が納得できる」

「いや、僕にはそのマゾーン星人(仮称)が分からないのだけど」

「大人になると分かるよ。西暦2977年ぐらいになればね」

「そんなに生きられるか!」

しかし §

「ただ、ポルメリア級は、底面の明滅発行部分が目玉相当という気もしないでも無い」

「目玉総統?」

「違うっ!」

「ガーレ中二デスラー!」

本当にあるかも知れないマゾーン星(仮称) §

「どこにあるんだよ」

「マゾーン星(仮称)は植物が多い星の筈だ」

「どこにそんな星が」

「ビーメラ」

「あれがマゾーン星(仮称)なのか!」

「きっと、もっと長居していたら植物が紙のように萌える女に擬態して古代達を……」

オマケ §

Subject: バンダイの1/1000ポルメリア級竣工

Keyword: 【▲→トーノZERO→アニメ感想→宇宙戦艦ヤマト】

URL: http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20130831084420

名前: トモネコ

本文:

「同じ感性でビックリです!」

トーノ様のポルメリア級と同じ感性の作品が!

http://ameblo.jp/dark-tranquillity-r1/entry-11541394209.html

機動兵器様のブログです。

以前ガミラス重巡の写真をトーノ様がリツィートされていたと思うのですが・・

ポ級がトーノ様の作品と狙い所が同じでビックリしました!

スルドイ感性の方は偶然同じになるのだと思いました。

「残念。結果的に似ているように見えるが想定した狙い目がぜんぜん違う」

「えーっ!」

「あっちは錆びて凸凹になった渋い表現。こっちは、岩をくりぬいた感じを狙って失敗したヘッポコ表現」

「ヘッポコかよ」

「目指せ、最も下手なモデラー」

「なんで下手を目指すんだよ」

「だって、おいらの目標はキットの消費だからね」

「キットの山を減らしたいわけだね」

「そうそう。上手く作るよりも下手に作って消費を加速だ」

オマケ2 §

「キットの山を減らすための方法。最も簡単な方法はゴミの日に出す。あるいは中古屋に売る」

「うそー」

「それではあまりに色気が無いので、作品っぽいものを一応作って終わりにする」

「っぽいってなんだ?」

「本当の作品はあまりに手間と時間が掛かりすぎて山が減らない。だから【っぽい】で妥協する。これで消費速度は大幅に上がる」

「妥協の産物でいいのかよ」

「いい。だって目標は模型で天下を取ることではなく、消費することなんだから」

「世間の人とは違うよ?」

「違う、だから自分はダメ出しをして欲しくない。おそらく間違ったダメ出しをするから」

「間違ったダメ出しとは?」

「自分に対するダメ出しとはキットの山が減っていないことなのだ。しかし、作品の品質を問題にする意見がきっと出る。でもそこは目標に含まれないのだ」

「たまに品質が上がるよ」

「副作用だ。より無理が少ない組みたて方法を模索すると、結果的に完成品の安定度が上がることがあるが、それは副作用。主要な目的ではない」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2013年
10月
12日
見た前、今我々の目の前に第七章BDがある
3days 0 count
total 1403 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2013年
10月
10日
ゲール艦隊は34隻か30余隻か
3days 0 count
total 1489 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20131011090231
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.27 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.