2013年10月12日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記total 1501 count

続・ 明大前の玉川上水の水道橋・このスペースはなんだ?

Written By: 川俣 晶連絡先

「凄いぞ。新事実発見」

「なんだい?」

「明大前の玉川上水水道橋。現在通れる場所の反対側にも通行可能スペースが存在するが通行はできない。それを確認してきた」

「そんなの、航空写真で分かるじゃないか」

「待て待て。話はその先だ」

「なんだい?」

「西からアプローチするとあたかもそれが橋であるかのごとく接続する道路が存在する。実際には、策で囲われて橋には入れない」

「ふーん。それで?」

「東からアプローチすると玉川上水公園になる」

「それで?」

「実は玉川上水公園の水道橋東側の部分は、公園が二股に分岐する構造になっていて、1つが道に合流する」

「もう1つは?」

「不自然に途切れてその先に行けない。明らかに行けそうなスペースがあるのに行けない」

切れた公園

「は?」

「つまりね。玉川上水公園が開園した昭和43年12月7日の時点で、水道橋の南側部分も通常の道として通行可能となることが想定されていたのだよ。おそらく公園を計画して設計した時点では、そこを周辺住人が普通に通過していたのだろうと思う」

「つまり、昭和40年代頃までは通行可能だった?」

「その可能性はある」

それから §

「実はもう1つ気付いたのだが。水道橋の西側の土地が不自然にえぐれていて、縦に2本並んだ水道管が見えている」

見える2本の水道管

「井の頭線の線路の上じゃ無いのか?」

「違う。線路はもっと東」

「じゃあなんだい?」

「本来、明大前の甲州街道北側の谷と、南側の谷は接続していない。人工的に連続するように掘られたものだ。そのとき、北側の谷は本来こちらに切れ込んでいたのではないか。そんな気がした」

「確実?」

「それは分からない」

Facebook

下高井戸周辺史雑記

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記
【下高井戸周辺史雑記】の次のコンテンツ
2013年
10月
14日
御礼・「河川・水路跡の探し方」お買い上げ
3days 0 count
total 786 count
【下高井戸周辺史雑記】の前のコンテンツ
2013年
10月
12日
東京都水道局高井戸増圧ポンプ所はどこにあるか
3days 0 count
total 1426 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20131012162727
サイトの表紙【下高井戸周辺史雑記】の表紙【下高井戸周辺史雑記】のコンテンツ全リスト 【下高井戸周辺史雑記】の入手全リスト 【下高井戸周辺史雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.29 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.