2013年11月14日
遠野秋彦の庵創作メモtotal 693 count

魔女アーデラの事件簿はなぜ売れないか。対策会議を開く

Written By: 遠野秋彦連絡先

「魔女アーデラの事件簿の売れ行きがよろしくない。対策を考えたい」

「ドリアンもダメダメな数字ですが」

「他の本はどうでもいいのだ。なぜ売れないのだろう思う?」

「販売努力が足りないから……」

「他の本と大差ないぞ」

「うーん、ならばやっぱり見た目の印象が陳腐なんじゃないでしょうかね」

「陳腐とは?」

「魔女つまりファンタジーものは既に陳腐だし、事件簿つまり推理ものは陳腐ってことですよ。合体させても迫ってくるものがない」

「だが、仕掛けられたトリックのポイントはそこにはないぞ」

「ならばポイントが通じないタイトルなんすよ」

「しかし、タイトルでネタバレするわけには行かないだろう」

「タイトル1行で全部ネタバレしちゃうほど底が浅い小説なんすか?」

「もちろん、そうではない」

「なら、ちょろっとネタばらしをしちゃいましょうよ」

「ネタばらし?」

「さわりだけ」

「むむ。最初に仕掛けられているトリックとも言えないトリックは、このナンガニーラの世界はこの世界とは別のファンタジー世界【ではない】ということ」

「というと?」

「ファンタジー風のネットゲーム世界の内部なのだ」

「それに意味があるわけ?」

「あるのだ。世界はファンタジーのルールで動いているように見えながら実は世界の外側の運営者とシステムのルールで動いている。両者は同じではない。そこにトリックが発生するわけだ」

「たとえば?」

「説明無しにいきなりGMが出てくるが、実はGMは管理者の権限を持っていて一般プレイヤーと違うことができてしまう。死んだ人間は外の世界では生き返らないが、ゲーム中では死ぬとは限らない。プレイヤーは外の世界に実体が存在するがNPCは実体が存在しない」

「それで、この小説が扱う具体的な事件ってなに?」

「中華料理屋の娘、メイメイというキャラクターの等身大人形が王宮から盗まれたので、盗んだトリックと犯人を捜査する」

「要するに泥棒捜査?」

「最初はそのはずだったが、助っ人としてギルドから派遣されてきた魔女アーデラが追いかけていた事件は実はもっと別のものだったと明らかになって、2つの事件が絡み合うわけだ。それと同時に読者に対して叙述トリックも突きつけられる。多重化された謎だよ」

「謎が多いのだね」

「更にこれはキャラクター論でもある。キャラクターとはなんぞやという問題をキャラクターの一種であるNPCが真剣に考え始めると何が起きるのか」

「彼らはどう受け止めるわけ?」

「様々なキャラクターグッズの奔流を受け止めねばならないのだが、その際、彼らにはオフィシャル商品と同人誌の区別が付かない。その結果、普通の人間が考えるキャラクター像が歪んでいく」

「どんな風に?」

「おっとそれは魔女アーデラの事件簿をお買い上げになってからのお楽しみだ」

Facebook

キーワード【 遠野秋彦の庵創作メモ
【創作メモ】の次のコンテンツ
2013年
11月
14日
ドリアン・イルザンはなぜ売れないか。対策会議を開く
3days 0 count
total 830 count
【創作メモ】の前のコンテンツ
2013年
10月
07日
創作メモ・「全ての物語に終止符を打つ最終英雄ドリアン・イルザン」は何を終わらせるのか
3days 0 count
total 926 count

このコンテンツを書いた遠野秋彦へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、遠野秋彦に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に遠野秋彦へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に遠野秋彦よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20131114150744
サイトの表紙【創作メモ】の表紙【創作メモ】のコンテンツ全リスト 【創作メモ】の入手全リスト 【創作メモ】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 遠野秋彦連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.29 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.