2013年11月25日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記 total 1076 count

梅ヶ丘に今更北沢川の支流を見た

Written By: 川俣 晶連絡先

「突然の出来事だ」

「なんだよ」

「梅ヶ丘付近でふと自転車で横を見ると土地がへこんでいる」

「天然水路跡の兆候だね」

「ともかくへこんでいる場所に向かってそのまま下流に辿ったよ」

「それで?」

「北沢川に合流することは目に見えていた。問題はどこで小田急をくぐるかだ」

「それで?」

「しかし、下れば下るほど土地の窪みは見えなくなり、商店街に突入した」

「それじゃ分からないね」

「諦めかけていたとき、信じられないものが見えた。小田急の降下をくぐる小さな道と、そこから先に歩道の三角領域だ。今まで謎だった歩道の三角領域が目に入ったのだよ」

「なるほど」

「ともかく線を引いてみた。公園橋のところで合流している感じだ」

けどね §

「しかし、あとからgoo地図の昭和22年を見ると、どうも違うように思えてきた。三角領域の問題の部分は、単なる道路に思えてきた」

「えー」

「上流部に凹部があるのは事実なんだけどね」

「じゃあ、下流部の見立てに問題があるわけ?」

「正確なところはまだ分からない」

下高井戸周辺史雑記