2013年12月07日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 1338 count

バラン星との誤差はなぜプラス3度なのか

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「ああ、そうか。分かったぞ」

「なに?」

「なぜ森雪の不味いコーヒーのシーンで、林はバラン星との誤差はプラス3度だと答えるのか」

「プラス3度って、けっこう大きいよね」

「そうだ。そのまま直進したら絶対にバラン星を通らない」

「そんなずれた進路をヤマトは飛ばないよね」

「そう思う」

「じゃあ、なぜその時はプラス3度だったの?」

「森雪の不味いコーヒーに思わず島が進路をずらしてしまったのだ。ヤマトの操縦桿を握っているのは島だからな」

「えーっ! 気付いたことってそれかい!」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2013年
12月
08日
こんな人もヤマトファン? 戦艦 ウォースパイト編
3days 0 count
total 6243 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2013年
12月
06日
YAMATO2520の平面型主砲はどこから来たのか
3days 0 count
total 1664 count
2013年12月07日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 1338 count

バラン星との誤差はなぜプラス3度なのか

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「ああ、そうか。分かったぞ」

「なに?」

「なぜ森雪の不味いコーヒーのシーンで、林はバラン星との誤差はプラス3度だと答えるのか」

「プラス3度って、けっこう大きいよね」

「そうだ。そのまま直進したら絶対にバラン星を通らない」

「そんなずれた進路をヤマトは飛ばないよね」

「そう思う」

「じゃあ、なぜその時はプラス3度だったの?」

「森雪の不味いコーヒーに思わず島が進路をずらしてしまったのだ。ヤマトの操縦桿を握っているのは島だからな」

「えーっ! 気付いたことってそれかい!」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2013年
12月
08日
こんな人もヤマトファン? 戦艦 ウォースパイト編
3days 0 count
total 6243 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2013年
12月
06日
YAMATO2520の平面型主砲はどこから来たのか
3days 0 count
total 1664 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20131207093904
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.27 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.