2013年12月14日
トーノZERO映画感想total 1657 count

感想・映画「仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武(ガイム)&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦」【ネタバレ注意】

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「なんで公開初日に見たの?」

「その日が、千円で映画が見られる日だったから!」

「……つまんない理由」

「でも、面白かったぞ」

どこがいいのか §

「どこがいいんだ?」

「構成が凝っている。ウィザード編とガイム編の物語が2本あるのだが、実はそれぞれが1本のお話であると同時に、全編通して1つのお話になっている」

「というと?」

「ウィザード編は、死んだコヨミを吹っ切る晴人の物語なのだが、実は吹っ切った結果として、人生の先輩たり得る資質を持つ。そして、ガイム編では人生の先輩として振る舞う。単に戦いのヘルプに来るわけではなく、勇気づけるために来る」

「じゃあガイム編とは何?」

「もともと敵対していた連中が1つになって戦う因縁を乗り越える話になるわけだが、その『結集』という要素にウィザードも上手く溶け込んで一緒に戦えるわけだ」

「作品の一貫性とはそういうこと?」

「それだけじゃない。実は心象風景に映画なんだよ」

「は?」

「心象風景の映画とは、要するに1つのフレームに自分が2人いるような世界だ。そして、ウィザード編では同じ画面に晴人が2人いたりする。アンダーワールドに入られる晴人と、アンダーワールドに入っていく晴人の両方がいるんだ」

「ガイム編は?」

「実はガイムと武神ガイムというそっくりのライダーが出て来て、ビジュアル的に分かりにくいのだが、実はそこが一番面白いキーポイントなのだ。更に言えば、実はガイム編では歴代全平成ライダーの武神版が存在するのだが、それは別人なのだ。つまり、ウィザードと武神ウィザードは別人なのだ。もう1人の自分がいる世界なのだ。自分とは違うもう1人の自分がいるのが心象風景の1つの形だ」

「それだけ?」

「戦国武将も史実の武将とは似ても似つかぬ別人が出てくる。別の世界ということになっているが、もちろんそんな世界は無いので、これも一種の心象風景だ」

「ふーん」

「そもそも過去の思い出に満ちた晴人のアンダーワールドそのものが心象風景なのだしね」

「それでまとめるとどうなんだよ」

「こういうものは映像にするのが難しい。もともときっちりとした形があるものではないからね。それに取り組んだ意欲作だと思うよ」

「それで?」

「この映画が成功したのは、作品に分かりやすい軸を設定したことだと思う。ウィザード編はコヨミ、ガイム編は家康だ」

オマケ §

「アクセルが秀吉で、奥さん(所長)が茶々っていうのは楽しかったぞ」

「わははは」

「ガイム編のオープニングのダンスも色気があってダイナミックで良かったぞ」

「それだけ?」

「でも、結局黒いコヨミが可愛かったのが一番じゃないか? 水上を歩いてくる映像とか、けっこうグッと来るぞ」

「オカマはいいのかよ。プレーンシュガーでいいのかよ」

「いやまあ、それはそれとして」

Facebook

キーワード【 トーノZERO映画感想
【映画感想】の次のコンテンツ
2013年
12月
17日
感想・映画「太平洋奇跡の作戦キスカ」
3days 0 count
total 841 count
【映画感想】の前のコンテンツ
2013年
12月
13日
感想・映画「ガメラ対大魔獣ジャイガー」
3days 0 count
total 859 count

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20131214135716
サイトの表紙【映画感想】の表紙【映画感想】のコンテンツ全リスト 【映画感想】の入手全リスト 【映画感想】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.29 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.