2014年04月11日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記 total 1301 count

Come back to柴崎・京王線の廃線跡を辿る

Written By: 川俣 晶連絡先

「というわけで、柴崎だ」

「またかよ」

「布田の椿地蔵まで行ったわけだが、そこまで行くとまだ辿っていない京王線廃線跡が気になる」

「それで?」

「勝手知ったる府中自動車学校から伸びていることが分かっているのでそこから野川まで辿ってみた」

「何か分かった?」

「途切れ途切れに、向きが不自然な建物がある。繋いでいくと、1本の線になる」

「それが廃線跡だね」

「しかし、もっと面白いことが分かったぞ」

「なんだ?」

「実は以下の場所に不自然な小商店街がある」

「小商店街がどうした?」

「丁度廃線跡と交差するのだよ」

「まさか」

「そうさ。ここが旧柴崎駅だったのだ」

「元々は駅前商店街だったわけだね」

「世田谷線の七軒町の駅前には店などほとんど残っていないのと比べて大きな違いだな」

「話はそれだけ?」

「いいや。こんなご機嫌な路地を見つけてワクワクだよ」

発見した路地

「これは水路跡?」

「goo地図の昭和22/38年を見る限り、そうではないっぽいな」

感想 §

「それで、結論はなんだい?」

「柴崎ワクワクゾーンのワクワクは終わっていなかった」

「ひ~」

「とりあえず、このままだと野川の向こう側にまで続きそうだな」

「で、なんで柴崎まで行くわけ?」

「良い運動になるから。身体動かさないと調子悪いから。自転車で行く」

「もしかして……。運動量を前提に行き先を決めてないか?」

「そうだよ」

「ひぇ~」

下高井戸周辺史雑記