2014年04月26日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り total 1036 count

杉並郷土博物館分館・区民参加型展示「杉並たてもの応援団が選ぶ 街角の名建築」展示解説

Written By: 川俣 晶連絡先

「杉並たてもの応援団が選ぶ 街角の名建築」

「今日が展示解説なので、ひぃこら自転車を漕いで行ってきたよ」

「それでポイントはどこにあるんだ?」

「杉並たてもの応援団ってなんだ? なんで今まで接点が無かったんだ?」

「それで? 理由は分かった?」

「井の頭通りの方は未調査だっていうことは自分からはっきり言った。おそらく甲州街道、人見街道、五日市街道も同じ」

「分かった。君の守備範囲とあまり重なっていないわけだね」

「もっとも、話の中に出てくる言葉はかなり分かってしまったので、話題の接点は多い気がするね。ジョサイア・コンドルは良く分かるし、野方の給水塔も見に行った。Aさんの庭も見たことある」

「君は越境しすぎなんだ」

オマケ §

「で、帰りに気付いたことが2つある」

  • 門と違う位置から道を挟んでコンクリート板暗渠が続いている (南の方に)
  • 小さな祠がある。(弁天さまらしい)

「ふーん。当然、コンクリート板暗渠は辿ったんだね?」

「もちろん。本流に達するまで」

オマケのオマケ §

「でだ。結局、個人の住宅は場所が1つも分からない」

「プライバシー保護だね」

「そうだ。結局、場所を明確にしないという意味で、屋敷神探索と大差ない世界だと分かった」

「有名な建物だけなら隠す必要は無いのにね」