2014年05月27日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記 total 822 count

続々々・ 千歳烏山駅の謎・なぜ踏切近くで土地が凹む?

Written By: 川俣 晶連絡先

「烏山に出動して、この凹みはあらゆる条件を加味しておそらく品川用水跡だろうと思ったが、実はその後できむらたかし@三田用水さんから証拠資料を見せて頂き、間違いなくこれは品川用水跡だと分かった。ありがとう、きむらさん」

「烏山神社信徒会館の謎は解けたかい?」

「要するに烏山神社氏子参集所のことだと分かったので、謎はないのだが、どうもいくつか気になることがあってね」

「気になること?」

「複数の証拠からこのあたりに神社が存在したことは確実なのだが、かなり広範囲に気になるものが散らばっている。どこからどこまでが神社であり、神社そのものはどの場所にどうあったのかが分からない」

「分からないってそれはおかしいだろう。昭和40年代まで存在した神社なら、航空写真で分かるはずだ」

「ところが見てもはっきりしないんだよ。住宅に紛れて神社らしい施設が見えてこない」

「えー」

「実は神社って、普通の住宅と大した差が無い場合があって、判断が難しい」

「ほんとかよ」

「というわけで、まだまだ調べるよ」

「どこを調べるんだよ」

「もう都立中央図書館に行くしか無いかな」

「ひ~」

下高井戸周辺史雑記