2014年08月30日
トーノZERO映画感想 total 1069 count

感想・映画「姑獲鳥の夏」

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「これまた微妙な……」

「何が微妙なの?」

「長すぎる、くどすぎる、登場人物が多すぎる。あんまり面白くない」

「ひ~」

「原作の小説はそれほど悪くなかったのだけどね」

「何が違うんだい?」

「原作の複雑さやトリックは小説としてはぎりぎりセーフ。しかし、映画としてはアウト。アウトだけど、原作を尊重する以上原作通りに進行させる必要がある。登場人物は大幅に削れない。キャラのファンが付いているから」

「どういうことだよ」

「最近思うのだが、2時間を超える映画は何か削れる要素があるし、削った方が良いと思う。何かが多すぎる」

「多すぎはサービスじゃないの?」

「観客が一気に受容可能な情報量には限りがあるのだ。多すぎは悪だよ。見てもその場で把握しきれない」