2014年10月10日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト total 1599 count

ヤマト2199実写版はありか?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

Subject: カフェいづみっくすはヤマト秘密基地なのか?

Keyword: 【▲→トーノZERO→アニメ感想→宇宙戦艦ヤマト】

URL: http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20141004073546

名前: トモネコ

本文:

「神・メーテル来ました!」

トンコさんのメーテルです!

http://ameblo.jp/yamamotomizukiblog/

ドラマでは登場済みだそうですが、地元は三週遅れの放送で私は初見でした。

今すぐ、実写999をお願いします!

むりやりヤマトの話にするとメーテルはドメル夫人のエリーサですね。

皆さん、ご指摘済みですが(汗)

この際、2199の実写もOKです!

「アオイホノオ、録画してあるけど、まだ最後の2回ぐらいまだ見てないや」(そのあとで見た)

「ダメじゃん」

「疲れ果てて寝坊したので、仮面ライダードライブの第1話も途中からしか見られなかったし」

「ダメじゃん」

「でもねえ。アオイホノオ。あれは視聴者に通じてないし、仮面ライダードライブは表現が子供っぽいし、今は特撮が難しい時代かもしれんな」

「アオイホノオ、通じてない?」

「興奮して昔語りしてる連中は、あのドラマが持つ【空回りする若さ】という普遍的なテーマがまるで見えていないし、かといって普通の視聴者は物語の全体的な構造がよく見えておらず、変なところを誤解していたりする」

「えー」

「むしろトッキュウジャーの方が大人っぽい要素を取り込んでいる分だけ面白いという、戦隊ライダーの立場の倒錯が起こりつつあるぐらいだ」

「ひ~」

「まあ、あくまで子供が見る特撮というくくりで、あからさまに30分の玩具の宣伝をするなら、あれでもいいんだろうな。というか、あの方がいいんだろうな」

「絶対子供にわからねーだろ、というライダーやってた全盛期は既に過去ってことだね」

「既にね。こっちの方向の企画は通りにくくなっていると思うよ」

「なんで?」

「実写リメイクはあまり儲からない。いかに客が入っても、コストも掛かるからそれほどのうまみが無い。あまり話題にもならないし、ブームも起きない。いくらアッコちゃんをリメイクしても、次はサリーだとはならない。SBヤマトも続きを作りたそうな空気はあったか、いつの間にか消えた。実写999も話だけで、一向に具体像が見えてこない」

「アメリカではヤマトの映画を作るらしいぞ」

「それはね。アメリカは今企画が足りないのだろうと思う。ギャラクティカもスピンオフが頓挫したり、スタートレックがカーク船長に回帰したり、今更スターウォーズの映画を作るとか、アライグマが出てくるとか、【次】の模索中なんだと思う」

「そういうタイミングだからStar Blazersにも出てくるチャンスがあるわけだね」

「しかし、よく考えるとStar Blazersも略すとSBで、SBヤマトとかぶるな。略称はどうしよう」

「じゃあ、ヤマト2199の実写リメイクはあり得ると思う?」

「それはそれを欲しがる企画者が出資者を説得できるか次第だろう」

「受けると思う?」

「受けないと思う。マニアの実写アレルギーは異常なレベルで存在するので」

「君は良いのかよ」

「自分の場合、結局アニメは人生の寄り道で、本道は実写だからな。サンセット大通りや、マルホンド・ドライブみたいな映画がいくらでも見られる実写の世界で十分に満足している」

「ヤマトはいいのか」

「ヤマト以外のアニメへの関与はどんどん消えていくと思うよ」

オマケ §

「それにしても、マルホンド・ドライブってそれほど難しい映画だとは思えないんだけどな」

「難解という評判らしいぞ」

「作品の基本骨格は難しくないし、見る者を引っかけるための表現はあるものの、ちゃんと【あれはこうでした】という決着を付けてくれるし」

「でも見るためのヒントが出ているぞ」

「そっちの方が余程難解なミステリーだね」

宇宙戦艦ヤマト

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §