2015年02月23日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト total 2057 count

彗星帝国の潜宙艦のデザイン問題

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「ちょっと奥さん、重大な事実が分かりましたよ」

「なんだよ」

「旧キットの意外な特徴とは何か」

「何だよ」

「パーツ数が少ないのにオマケ付き」

「ゆうなぎに救命艇みたいなものだね」

「主力戦艦には彗星帝国の艦載機2つ付いてるし」

「それで何だよ」

「実は旧メカコレのガミラス艦にはオマケで潜宙艦が付いている」

「それがどうした」

「実はこの潜宙艦が焦っちゃうぐらいかっこいい」

「えー。画面で見るとあまり良い印象では無いよ」

「そうだ。実は設定資料ももっさりしてダサイ。実はこのオマケの模型が格好いいだけ。結局、設定の下側のセイルは無いし、設定に全く準拠してない模型なのだ」

「だからなんだよ」

「どこからこれが出てきたのか。もしかしたら、ヤマト2用にリファインされた設定だとか?」

「何か背景にありそうだってことだね」

「でも、かっこいい彗星帝国の潜宙艦はあり。ありなんだよ」

「それで答えは出たのか?」

「ヤマト2のムックを見たが、載っている潜宙艦の設定はさらばと同じ。しかし、第7話の画面写真を見るとビックリ。下側のセイルが無い。つまり模型と同じ」

「えー」

「つまり、旧メカコレのガミラス艦付属の潜宙艦は、ヤマト2版の形状準拠と思われる」

「これはビックリ」

「おいらもビックリだ。まさか、今になってヤマト2とさらばの間に、潜宙艦で何か発見があるとは思わなかった」

「それで話はおしまい?」

「いいや。実はさらば宇宙戦艦ヤマトの画面に出てくる潜空艦にも下部にセイルが無い」

「えー。なんというどんでん返し」

「多くの書籍に載っている潜宙艦の決定稿の設定資料は、実は【決定稿】ではないことを意味する。この後に少なくともあともう1枚ないとおかしい」

「なんてこった」

もう1回ひっくり返る §

「ところが、別件でパーフェクトマニュアルをチェック中にのけぞった」

「なんだよ」

「下部セイルの無い設定画がさらばのページに載ってる。これが決定稿だという。ならば、いろいろな書籍に載ってる下部セイル有りで決定稿と書かれた設定資料は何なのよ」

「がーん」

「潜空艦1つできりきり舞いさ」

宇宙戦艦ヤマト

Kindle版電子書籍 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §