2015年03月31日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記 total 1835 count

和田堀変電所に不自然な角度で入る送電線の謎が分かった

Written By: 川俣 晶連絡先

「たまたま昭和4年の地図を見ていてハッとした」

「何だよ」

「和田堀変電所に接近するのに横を素通りする送電線がある」

「それおかしいだろ。それ、和田堀変電所に繋がってるはずだよ」

「今はな」

「今は?」

「そうだ。昭和4年と言えば、東電はおろか、日本発送電すら存在しない時代。電力供給は多数の会社がひしめくまさに大電力時代」

「それで?」

「だからさ。別の会社の送電線は変電所を避けて通るわけだ」

「なんてこった!」

「しかし、全ての電力会社が1つになれば、全部接続される」

「電力を融通するには当然だね」

「だが、そう簡単に送電鉄塔の位置は変更できない」

「だから不自然な角度で向きを変える送電線が発生するわけだね」

「そうだ。意外と昭和4年はワンダーランドだぞ」

下高井戸周辺史雑記