2015年04月01日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り total 1549 count

パルテノン多摩・歴史ミュージアム特別展 アニメーションと多摩

Written By: 川俣 晶連絡先

アニメーションと多摩 §

歴史ミュージアム特別展 アニメーションと多摩に行ってきた」

「どうだった?」

「面白かったぞ」

「どこが良かった?」

「いちばんはやはりもりやすじ」

「かつてロッキーチャック派の子供だった大人が来たよ」

歴史ミュージアム §

「さすがに、多摩の昔は分からない。特別展で貴重な史料の展示があったようだが、見ても良く分からなかった」

「多摩センターは昔はなかったからね。場所がどこか分からないよね」

バス §

「京王多摩センターから府中に出るのに京王線で調布経由は面白くない。そこで、バスで聖蹟桜ヶ丘に出て、そこから京王線で府中に向かってみた」

「感想は?」

「移動経路に無駄は無くなったが、時間も掛かるし、お金も掛かる。これは素直に京王線経由が良かったかな」

「ダメじゃん」

「でも愛宕経由だが、愛宕団地は耳をすませばの舞台のモデルになった場所らしい」

「そこは気になったわけだね」

「まあ、愛宕だからな」

「他には?」

「ちなみに、稲田堤から聖蹟桜ヶ丘までは一度徒歩で歩いてみたいと思っている」

「なんて奴だ」

「箱根ヶ崎から羽村も歩いてみたい」

「徒歩マニアだ」