2015年07月05日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト total 1437 count

さらば宇宙戦艦ヤマト&兵隊やくざ 殴り込み

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「【兵隊やくざ 殴り込み】を見ていて開いた口が塞がらなくなった」

「何があったの?」

「手榴弾と軽機関銃を持って1人で敵陣地に殴り込む大宮一等兵の姿が、まるでデスラー艦に突入する古代進」

「えっ?」

「このシーンの元ネタが【兵隊やくざ 殴り込み】だとすると、実は重要な謎が解ける」

「謎とは?」

「宇宙戦艦ヤマトのヤマト乗組員の基本的な武装はコスモガンで単発。テレザートに乗り込む古代や真田はコスモガンを実際に持っている。ところが、デスラー艦突入と、都市帝国突入の際は軽機関銃メインになるのだ。なぜ違うのだ。どこから軽機関銃が出てきたのだ」

「どこ?」

「契機は、やはりデスラー艦への古代突入だろう」

「そこが、【兵隊やくざ 殴り込み】だってことだね」

「デスラー艦に乗り込む古代はこれを撃ちまくって、たまに手榴弾を投げる。そして、1人で艦内を走り回る」

「みんなで乗り込んだ筈なのに、なぜか古代は1人切りで走るのだね」

「そう。都市帝国はグループで行くのにデスラー艦は古代1人」

「デスラー艦の古代は、【兵隊やくざ 殴り込み】の大宮だとすれば、辻褄が合うわけだね」

「更に言えば、敵艦に乗り込む描写は、それに類する描写が零戦黒雲一家にはない。やはり、兵隊やくざ由来と思うと筋が通る」

「なんてこった」

宇宙戦艦ヤマト

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §