2015年08月14日
トーノZERO映画感想 total 1486 count

感想・映画「クレージーの怪盗ジバコ」

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「愕然とした」

「何だよ」

「面白い」

「それは良かったね」

「しかも、これは完全にルパン三世の原形」

「エッ?」

「見つけてしまったよ。ルパン三世の原形を」

「時系列は?」

「この映画は1967年10月28日公開。ルパン三世は1967年8月10日だが、原作は1967年という情報までしか出てこなかった。凄く微妙なのだが、全般的に判断すると、ジバコからルパン三世への影響はあったのではないかと思われるのだ。初期のルパン三世はかなり違うという話もあるし」

「それで具体的には?」

「たとえばね、新ルパンのテーマ曲に似たBGMが映画本編で使用されていたりする。この映画の音楽は宮川泰なので、ルパン音楽の間接的な始祖は宮川泰ということができるかもしれない」

「ふーん」

「裏切るヒロインは性格的に峰不二子に近い」

「へー」

「更に、ルパン三世的なモンキーずらの植木等」

「顔もか」

「相手と同じ顔で出て行って、『馬鹿、あいつがルパンだ!』的なことも言うしね」

「へー」

「見ていると本当にルパン三世を見ている気分になれる」

「なんてこった」

原作 §

「で、原作は実は北杜夫。自分も昔は北杜夫読んだぞ。船乗りクプクプの冒険とか、あくびノオトとか、ドクトルまんぼう航海記とか」

「ジバコは?」

「読んでないが興味は出たね」