2015年09月28日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト total 2257 count

実験小説・ 宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ち 異聞【もしヤマトが中立だったら?】

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「これはなんだい?」

「新たなる旅立ちで、ヤマトが中立を保ってイスカンダルに行ったらどうなるのかという思考実験だ」

「中立とはなに?」

「いいかい。ヤマトの黄金パターンは【地球への攻撃→ヤマトで反撃】だ。ところが、新たなる旅立ちでは、地球への攻撃も、地球人への攻撃もなく、いきなりヤマトで反撃が始まってしまうのだ」

「それはおかしいってことだね」

「最初からデスラー側で介入することに疑問を持っていない展開だ。しかし、見たことも聞いたこともない暗黒星団帝国が敵だとなぜ決めつけることが可能なのだ?」

「それは……」

「喧嘩に参加するなら、負けている方に加勢するという方法の他に、間に入って喧嘩を止めるという方法もあるはずだ。もし、【その喧嘩は俺が預かった】で戦いを中止できるなら、これですぐに弱者が殺されるリスクは回避できる」

「イスカンダルの救援は取りあえずそれで十分ってことだね」

「相手の正体が分からない以上、あまり突っ込んだことはすぐにできない。結局戦うとしても、時間を稼ぐのは良いことだ」

「そういう考え方で中立で介入する方法もあるわけだね」

「ということで書いた」

宇宙戦艦ヤマト

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §