2015年10月03日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト total 1444 count

新たなる旅立ちの発進は特に優れている理由

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「新たなる旅立ちを改めて少し見ていて気づいたのだが、発進のシーンが凄く秀逸だ」

「どのあたりが?」

「徳川がレバーを間違えて山崎が頭を抱えるところ」

「それは何を意味するの?」

「機関員が何をする仕事であり、彼が間違えると何が起こるのかが良く分かる。操縦桿を引けない北野と合わせて、勉強したはずなのに間違う描写が秀逸だが、特に機関部の描写が良い。急いでマニュアルの図解を開いて説明したり、何がどうなっているのか空気感が良く分かる。機関部のみならず他の部門も同じように重要な役割を果たしているのだろうと言うこともイメージさせる」

「つまりみんなで動かすヤマトを分かりやすくイメージさせているわけだね」

「そういう意味で、発進の最強は新たなる旅立ちだろうと思うよ」

「ヤマト1974の島の失敗よりも?」

「あれはパイロットの失敗に過ぎないからな。ヤマト乗組員その他大勢の仕事はイメージさせない」

宇宙戦艦ヤマト

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §