2015年11月20日
川俣晶の縁側物欲博物録 total 1837 count

Transcend SSD 1TB TS1TSSD370SをHP Pavilion Desktop PC p7-1040jp/CTに取り付ける

Written By: 川俣 晶連絡先

「HPのワークステーションに1TBのSSDを付けた。起動ドライブが1TBだったから交換だ」

「何か問題が?」

「ソフト的な問題は別の記事で説明した。今度はハード的な問題を説明する」

「他にもあるのか」

「あるのだよ」

「えー」

「実は製品付属のマウンタを使うとねじ穴の位置が合わない。そのため、完全には安定して固定できない。片方をとめると、もう片方は穴があわないから固定できないのだ」

「致命傷?」

「まあ、振り回して使う筐体ではないから、致命傷とまでは行かないけれどね。でも、ちょっと気になった」

「話はそれだけ?」

「いや、実はフロントパネル側にある3.5インチベイに入れるとケーブルの長さが足りなかった。下部の内蔵3.5インチHDDの専用金具に装着する必要があった」

「いろいろめんどくさいのだね」

「いろいろめんどくさいのだ。でも動いたから結果オーライ」

「いいのか」

感想 §

「OutlookやOneNoteの起動は感動的に速くなった」

「Visual Studioは?」

「普通かなあ」

「感動がないね」

「いや、あるよ。これまでは何分待たされるか分からない遅さだったから、普通というのはかなりの改善なんだよ」

「なんてこった」

「起動時にキー入力が異様に重い期間が存在するのだがそれは変化なかった。でも、起動時間全体が短くなったので、気にする必要も無いと言えばその通りだ」

「速ければたいていの問題は棚上げに出来るわけだね」

感想2 §

「結局、交換に1日掛かった。1日も掛かったと言うべきか。1日で済んだのはラッキーと思うべきか」

「グダグダになると、数日を要するわけだね」

「数日で済めばマシという場合も」

「だけど、現状で1日も時間を持って行かれるのは辛いわけだね」

「それも確かにその通り」

感想3 §

「自分の交換した3台目のSSDマシン」

「もう3台目なんだ」

「1台目と2代目はクリーンインストールしちゃったからね。環境を維持しての交換は初めてかも。あと1TBという大容量も初めて。デスクトップ機相手の交換も初めて」