2015年11月22日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト total 2557 count

ヤマト世界の謎の武器・艦橋砲ってなんだろう?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「ヤマト世界の謎の武器といえば艦橋砲」

「アンドロメダに付いてるね」

「大戦艦にも主力戦艦にも付いているらしいぞ」

「えー」

「問題はその正体がさっぱり分からないこと」

「艦橋に付いている砲ということしか言っていないわけだね」

「そうだ。ビームか実体弾かすら分からない」

「確かに」

「更に位置づけが分からない」

「というと?」

「誘爆したら艦橋が吹っ飛ぶ。司令部要員皆殺し。恐ろしい武器だよ」

「ひ~」

「他に武器がいっぱいあるのに、更に艦橋に武器を付ける効能も分からない」

「モビルスーツがブリッジに取り憑いて砲撃するのを阻止するため?」

「ガンダムじゃあらへんがな。それに対空防御ならパルスレーザー的な、小口径の速射武器が欲しいところ。大きい艦橋砲では当たらないだけだろう」

「じゃあ艦橋砲の正体っていったい?」

「ノリで描いた何かを武器扱いしただけじゃないかなあ」

オマケ §

「じゃあ君の考えは?」

「艦橋砲は無い方がいい。無駄。しかも、存在することによって、子供っぽくなっている」

「絶対にダメ?」

「実際に艦橋と武器が一体になっている軍艦がないわけではないから、絶対にダメとは言わないが、あまり意味の無い武器の連発は良くない」

「大量の武器が他に付いているのに艦橋砲はあまり意味が無いってことだね」

「そう。将官専用内火艇格納庫とか言っておく方が良かったと思うよ」

オマケ2 §

「そういう意味では、沖田艦の艦橋の砲塔も、ヤマト2199では使ってしまった結果、安っぽく、子供っぽくなった気がする」

「当初は喜んだじゃないか」

「あるのに使用されないもやもやは解消されたが、アレが当たり前になって見ると安っぽく見える」

「今は、ヤマト1974は見ても2199は一切見ない理由の1つだね」

宇宙戦艦ヤマト

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §